よくある質問

よくいただく質問に回答しています。見つからない場合は、お問い合わせフォームよりご連絡下さい。

小説の応募について

新人の小説や詩歌の出版は、難しいでしょうか。
文芸作品は、ビジネス・実用書と比較すると市場性が低く、新人作家のデビューには、新人賞を受賞するのと同様、高いハードルがあります。また、詩・短歌・俳句に関しては、弊社で今まで実績がありません。ご了解の上でご応募ください
小説を応募する場合、新人賞やコンテストに落選した作品や小説投稿サイトに掲載している作品でも応募できますか? また、それは審査に不利になりますか?
落選した作品や小説投稿サイトに既に掲載している作品であっても、問題ありません。また、審査において不利になることもありません。
自費出版の書籍、小冊子として製本してある場合でも応募できますか? その場合、どのような費用換算となりますか?
印刷・製本してあっても、問題ありません。費用換算は、総文字数から400字詰原稿用紙に換算して、算出してください。

ビジネス書や実用書などノンフィクションの応募について

まだ企画書がありません。書き方など基本的なことを学びたいのですが、講座はいつ開催していますか?
書籍企画書を作成するための講座は、毎月~数カ月に1度のペースで開催しています。直近の予定はセミナー・講演情報をご確認ください。
ビジネス書や実用書などのノンフィクションですが、既に完成原稿があります。読んでいただけますでしょうか?
小説を応募するときと同様の手順となりますので、応募要項をご確認の上、ご応募ください。

海外出版について

海外で発行されている書籍の日本での翻訳出版の検討はしていただけるのでしょうか?
弊社は、主に日本国内での作家のエージェント業務を手がけております。基本的には、海外で刊行された書籍の翻訳出版の権利売買の交渉のご相談はお受けしておりません。ただし、海外出版の自信をお持ちの企画については、お問い合わせフォームにてご連絡ください。

プロの作家との契約について

既に著作があり、プロとして活動している作家に対しては、どのようなサポートを行っていただけますか?
現在の活動状況をお聞きした上で、弊社が提供できるサポート業務をご相談させていただきます。作品分野によっても異なりますので、プロの作家の方へをご覧いただいた上で、お問い合わせフォームにてご連絡ください。