プロの作家の方へ

作家が最良の形で執筆活動を続けていくために、エージェントは全力を尽くします。

弊社に興味をお持ちいただきまして、ありがとうございます。

このページをご覧になっている皆様は、すでに著作があり、プロフェッショナルとして作家活動をされている方々だと思います。

作家には、執筆以外にもたくさんの仕事があります。
企画立案から出版社への売り込み、編集者との打ち合わせ、関係者への取材、出版条件の交渉や契約関係の手続き……。書籍が刊行されると、ホームページやSNSでの情報発信やマスメディアへの働きかけ、書店イベント等の販促活動への協力などが必要です。さらには、映像化や漫画化など二次利用の営業まで行わなければいけないこともあるでしょう。これら全ての仕事を作家ひとりでこなすのは、難しいものです。

出版社である「企業」と「個人」である著者という構図においては、相対的に個人が弱い立場に置かれることが多くなってしまいます。契約書を交わすことなく、ただ口約束だけで仕事を進めてきた方もいらっしゃるかもしれません。でも本来、どんな書籍も著者がいなければ存在し得ません。作家が良い作品を書くことによって、出版社も利益を上げることができるはずです。ということは、作家の力が弱くなれば、出版界全体が弱体化してしまいます。

アップルシード・エージェンシーは、「作家の側に立つ存在」です。
1冊でも多くの良い本が世に出れば、それによって出版界も活性化されます。そして、良い本を生み出すためには、作家は執筆以外の煩雑な作業に煩わされることなく、作品に専念できなければならないと思います。

弊社は、作品=コンテンツを最も良い形で展開するためにどうすればいいかを常に考えています。そのため、エージェントは、これまで作家が一人で負ってきた企画のブラッシュアップや売り込み、出版条件の交渉や契約を代行し、必要に応じてプロモーション活動への協力やアドバイス等を行うことができます。

エージェントと作家との付き合いは、1冊だけでは終わりません。今後10年、20年という長いスパン、なんとなれば、これからの作家人生の全期間にわたる関係になり得ます。作家のキャリアをトータルにとらえ、作家が最良の形で執筆活動を続けていくために全力を尽くす、エージェントの仕事はただそれだけなのです。

弊社には、キャリアの途中から所属している作家が数多く存在します。その時々の状況に応じて、作家が最も必要としている支援を提供できるよう、業務内容や報酬形態については個別にご相談しています。

弊社との契約をお考えいただける、または話を聞いてみたい作家の皆様方は、お問い合わせフォームよりお申込みください。

問い合わせる