アップルシードエージェンシー

  • ホーム
  • プロの作家の方へ
  • 作家デビューしたい方へ
  • 編集者の方へ
  • アップルシードエージェンシーとは
  • 所属作家のご紹介とは
  • 所属作家からのコメント
  • これまでに手掛けた作品
  • お問い合せ
  • メルマガ登録
  • カフェリブロ 作家養成ゼミ
  • アップルシードエージェンシーブログ
  • 働く社員のブログ
  • 世界放浪ブログ「88年のバックパッカー」

これまでに手掛けた作品

  • 作品紹介
  • ベストセラー作品
  • 映像化作品

作品検索

■年代 年   ■ジャンル

■キーワード 

検索結果

『人前に強くなる技術』

『人前に強くなる技術』

森川 陽太郎 /著
三笠書房 /出版社(2018年04月)

10万人を変えたメンタルトレーナー直伝!
大勢の人を前に、目上の人を前に、初対面の人を前に・・・・・・「無理」をやめると、たちまちうまくいく!

『アントワーヌ・グリエーズマン自伝』

『アントワーヌ・グリエーズマン自伝』

結城麻里 /著
東邦出版 /出版社(2018年04月)

「君の人生を夢に、そして夢を現実に」
身長が小さく、フィジカルもか細いとの理由で、フランスのすべての育成センターから拒絶された少年が、いかにしてメッシ、ロナウドと肩を並べる選手となったのか?口数も少なく控えめな彼が、初めて赤裸々に明かす。

『江戸東京の幕末・維新・開化を歩く』

『江戸東京の幕末・維新・開化を歩く』

黒田涼 /著
光文社/出版社(2018年04月)

今も数多く東京に残っている幕末・維新・開化の歴史の現場を、豊富なカラー写真と詳細な地図でたどりながら、大変革時代のドラマを堪能していく。

『定年後不安 人生100年時代の生き方』

『定年後不安 人生100年時代の生き方』

大杉 潤 /著
KADOKAWA/出版社(2018年04月)

57歳で会社員を辞めた著者が伝える「人生の設計図」の作り方。会社員のまま過ごしていれば安定は得られるが、それも65歳まで。ならばよく言う「現役で働き続ける」ことは本当にできるのか。57歳で退職した著者が伝える具体的な方法論と解決策、トリプル・キャリアの考え方。

『現役東大生が教える 東大のへんな問題 解き方のコツ 』

『現役東大生が教える 東大のへんな問題 解き方のコツ 』

西岡 壱誠 /著
日本能率協会マネジメントセンター/出版社(2018年04月)

東大の入試問題は、他の大学のそれと違い、「知識がたくさんあれば解ける問題」ではなく、「知識を正しく運用しないと解けない問題」が多い。つまり、「当たり前のことを本当に理解しているかどうか」「頭のやわらかさを持っているかどうか」を問うてくるのだ。そんな東大入学試験問題を紹介し、その解き方のコツを、現役東大生である著者が解説する。

『投資と金融がわかりたい人のためのファイナンス理論入門』

『投資と金融がわかりたい人のためのファイナンス理論入門』

冨島佑允/著
CCCメディアハウス/出版社(2018年04月)

『世界で通用する「地頭力」のつくり方 自分をグローバル化する5+1の習慣 』

『世界で通用する「地頭力」のつくり方 自分をグローバル化する5+1の習慣 』

山中俊之 /著
CCCメディアハウス/出版社(2018年03月)

元外交官でグローバル人材育成のプロが、情報収集の方法からその読み解き方、日々の仕事の仕方や人間関係のつくり方、さらには余暇の過ごし方まで、すぐに実践できることから具体的に指南。

『まちづくりの非常識な教科書』

『まちづくりの非常識な教科書』

吉川 美貴/著
主婦の友社/出版社(2018年03月)

補助金、観光客ゼロから6年で30万人が集まるようになった新潟県村上市。その仕掛け人が地域活性化のハウツーを教えます。
補助金、観光客ゼロから6年で30万人が集まるようになった新潟県村上市。
その仕掛け人が地域活性化のハウツーを教えます。

『40代からの勉強法&記憶術』

『40代からの勉強法&記憶術』

碓井 孝介 /著
PHP研究所/出版社(2018年03月)

40代の勉強の心構えから具体的なテクニックまで、すべてを網羅し1冊に凝縮!
読めば、効率よく覚えられて、資格・昇進試験や学び直しに役立つこと間違いなし!

『地域プロデュース、はじめの一歩』

『地域プロデュース、はじめの一歩』

山納 洋/著
河出書房新社/出版社(2018年03月)

地域イベントを開催したい、場作りをしたい、でもどうしたら……数々の事例を作り出した著者が、誰でもできる秘訣と思考を教えます!

『日本人の遺伝子 ヒトゲノム計画からエピジェネティクスまで』

『日本人の遺伝子 ヒトゲノム計画からエピジェネティクスまで』

一石 英一郎/著
KADOKAWA /出版社(2018年03月)

日本人のDNAは、古代ユダヤ人と共通している! 驚きの遺伝子最前線

◎日本人の遺伝子は中国人とも韓国人とも違う
◎世界が大絶賛! 日本人の「おもてなし遺伝子」

『みんなでつくるAI時代 これからの教養としての「STEAM」』

『みんなでつくるAI時代 これからの教養としての「STEAM」』

伊藤 恵理/著
CCCメディアハウス /出版社(2018年03月)

AI以前には戻れないわたしたち。未来をどうサバイブする?

● 科学的教養=真実とファンタジーを区別する力
● 読解力=国語が苦手なAIを超える想像力

『世界最高の子育て「全米最優秀女子高生」を育てた教育法』

『世界最高の子育て「全米最優秀女子高生」を育てた教育法』

ボーク重子/著
ダイヤモンド社 /出版社(2018年02月)

「全米最優秀女子高生」コンクール優勝!
世界でいま、最も重視されている
<子どもに必要な5つの資質>を伸ばす方法!
学習習慣・自分で考える力・回復力・やり抜く力・自己表現力……
世界最先端の教育が重視するのは「学力」ではない!

『今こそ「奨学金」の本当の話をしよう。: 貧困の連鎖を断ち切る「教育とお金」の話 』

『今こそ「奨学金」の本当の話をしよう。: 貧困の連鎖を断ち切る「教育とお金」の話 』

本山 勝寛/著
ポプラ社/出版社(2018年02月)

奨学金はサラ金より本当に悪質か?
奨学金以外の選択肢はないのか?
教育格差は本当になくせないのか?
叩くだけでは解決しない、教育格差の突破口を示す!

『不調が消えるたったひとつの水飲み習慣 』

『不調が消えるたったひとつの水飲み習慣 』

森下 克也/著
宝島社/出版社(2018年02月)

糖尿病、高血圧、不眠、自律神経失調症、肥満……体の不調は体内水のアンバランスが原因かも!
●基本は1日1.5リットルの水を飲むこと!
森下式の水の飲み方は1日1.5リットル。
出て行く水と補う水のバランスをとることが焦点です。足りないのはもちろん、多すぎてもだめ。1日9回、ちょびちょび飲みを実践する
理想的な水飲みプログラムを初公開。

『勉強法以前の「勉強体質」のつくりかた』

『勉強法以前の「勉強体質」のつくりかた』

伊藤敏雄/著
主婦の友社/出版社(2018年02月)

「書き取りもドリルもやめたら成績が上がった」
子どもが自発的に学習する「勉強体質」を育てて成績アップさせる方法を解説。

『茜空-大江戸算法純情伝』

『茜空-大江戸算法純情伝』

山根 誠司 /著
双葉文庫/出版社(2018年01月)

槇岡藩の下級武士の息子・柏木新助は、江戸に出て一流の算術家になるのが夢。そんな新助に、千載一遇の好機が巡ってきた。江戸の幕臣・北城家への養子入りの話が持ち上がったのだ。勇んで江戸に出てきた新助だが、思わぬ現実が待っていた。大注目の時代小説新シリーズ第一弾!

『内臓脂肪を最速で落とす 日本人最大の体質的弱点とその克服法』

『内臓脂肪を最速で落とす 日本人最大の体質的弱点とその克服法』

奥田 昌子/著
幻冬舎/出版社(2018年01月)

肉中心の食生活をしてきた欧米人と比べ、魚中心だった日本人は摂取した脂肪を皮下脂肪としてたくわえる能力が低く、より危険な内臓脂肪の形で蓄積しやすい。だが、体質だからと諦めるのは早い。内臓脂肪は皮下脂肪よりも落ちやすく、普段の食事や生活習慣の改善が減量に直結するのだ。肉や炭水化物の正しい摂り方、脂肪に効く食材、効果抜群の有酸素運動などを、最新の論文をもとに解説。



ページのトップへ戻る

このサイトは株式会社アップルシード・エージェンシーが全ての著作権を保有しています。