アップルシードエージェンシー

  • ホーム
  • プロの作家の方へ
  • 作家デビューしたい方へ
  • 編集者の方へ
  • アップルシードエージェンシーとは
  • 所属作家のご紹介とは
  • 所属作家からのコメント
  • これまでに手掛けた作品
  • お問い合せ
  • メルマガ登録
  • カフェリブロ 作家養成ゼミ
  • アップルシードエージェンシーブログ
  • 働く社員のブログ
  • 世界放浪ブログ「88年のバックパッカー」

これまでに手掛けた作品

  • 作品紹介
  • ベストセラー作品
  • 映像化作品

作品検索

■年代 年   ■ジャンル

■キーワード 

検索結果

『バルセロナの哲学はフットボールの真理である』

『バルセロナの哲学はフットボールの真理である』

村松尚登/監修 采野正光/訳 オスカル・P・カノ・モレノ/著
KANZEN/出版社(2013年12月)

 バルセロナの根幹にはポジショニングサッカーがある!
 メッシ、チャビ、イニエスタ、ブスケツ……、一人ひとりがどうポジションを取っているのか、プレーゾーンをどう決めているのか。指導や教育のヒントも数多く記載されており、ファンのみならず、サッカーや教育にかかわるすべての人にとって有意義な一冊。
 至高のクラブが進化を続ける理由とは?戦術セオリーの原理をすべて解き明かす!

『100歳まで絶対ボケない「不老脳」をつくる! 人生を左右する「脳のアンチエイジング」』

『100歳まで絶対ボケない「不老脳」をつくる! 人生を左右する「脳のアンチエイジング」』

霜田里絵/著
マキノ出版/出版社(2013年12月)

 近年、深刻な社会問題となっている認知症患者の急増。しかし、脳を活性化することで、脳を若返らせることは何歳からでも可能!しかもそれは、食事や体操、生活習慣など、日常生活に少し取り入れるだけで劇的な変化が得られるというから驚きです。
 「片鼻呼吸」「ニンニク油」、「未来日記」、「物忘れ撃退体操」など、国内外で活躍する医師・健康学の専門家32人が最新の研究をもとに、脳を活性化し、認知症を予防するための貴重なノウハウをお伝えします。

『売れる企画はマイクロヒット戦略で考えなさい!』

『売れる企画はマイクロヒット戦略で考えなさい!』

廣瀬知砂子/著
かんき出版/出版社(2013年12月)

 知名度のない小さな会社でも、宣伝予算のない新商品でも、ヒットを狙うことができる!!キーワードは、明確なコンセプトを持った「商品力」と、ターゲットを絞り込んだ「訴求力」の2つ。
 大手企業からのオファーがあとを絶たないシンクタンク「女性潮流研究所」の代表である著者が、あらゆる業種・企業・商品に汎用的に効く万能策ともいえる「マイクロヒット戦略」をご紹介します。

『うつを鍼灸で治す』

『うつを鍼灸で治す』

齋藤剛康/著
SBクリエイティブ/出版社(2013年12月)

 いまやうつ病は日本人の15人に一人が生涯でかかる「国民病」とも言われています。そんなうつには、身体だけではなく心にも効く鍼灸治療が効果的。薬に頼ることなく、自然治癒力を高めることができます。
 鍼灸を用いた治療法について、10の具体的な事例を、その症状と治癒までの経過から分かりやすく解説。さらに、うつ治療で重要な9つのツボ、家庭でも使えるうつを抑えるツボも紹介します。

『「バブル女」という日本の資産』

『「バブル女」という日本の資産』

牛窪恵/著
世界文化社/出版社(2013年12月)

 バブル期の華やかな経済や女子大生ブームに支えられて、いまも金色の輝きを放つバブル世代の女性たち。その消費意欲こそ、日本がバブル期に培った大いなる「資産」なのではないだろうか。
 世代・トレンド評論家である著者が、「バブル女」の消費傾向から仕事観や生き方まで、5つのパターンに分けて解説します。

著者インタビューを読む
編集者インタビューを読む

『名門小学校に合格する「教え方」教えます:進学塾の問題の解き方テクニック』

『名門小学校に合格する「教え方」教えます:進学塾の問題の解き方テクニック』

福澤晃典/著
アスペクト/出版社(2013年12月)

 数々の名門小学校合格者の実績を持つ著者が明かす、進学塾の「教え方」を超える受験テクニック!
 前半では小学校受験の傾向と対策を、後半では受験生がつまずきやすいポイントを中心に、小学校受験のペーパー問題の解き方をわかりやすく解説します。これまでほとんど出版されることのなかった、家で、親子でマスターできる対策本です。

『情報は1冊のノートにまとめなさい【完全版】』

『情報は1冊のノートにまとめなさい【完全版】』

奥野宣之/著
ダイヤモンド社/出版社(2013年12月)

 累計50万部突破の「100円ノート整理術」を全面改定した「完全版」!
 情報をノートに時系列で一元化し、分類・整理は一切不要のノート術。シンプルだから簡単に続けられて、自分のスタイルに合わせて自由にアレンジできる、誰でも今すぐできる万能の知的生産システムです。旧版を大幅増補して、整理した情報を成果物へとつなげる「知的生産術」まで解説します。

『読書は1冊のノートにまとめなさい【完全版】』

『読書は1冊のノートにまとめなさい【完全版】』

奥野宣之/著
ダイヤモンド社/出版社(2013年12月)

 累計50万部突破の「100円ノート読書術」を全面改定した「完全版」!
 「探す」「買う」「読む」「記録する」「活用する」という読書体験の5段階をノートで効果的にマネジメントすることで、1冊ずつきちんと頭に残す読書術です。読んだ本の内容を、確実に自分の血肉にしてこそ読書の意義もあるというもの。誰でも、すぐに実践できるテクニックが満載です。

『目覚めよ!生きよ!』

『目覚めよ!生きよ!』

和田裕美/推薦  ドロシア・ブランド/著
実業之日本社/出版社(2013年12月)

 1933年にアメリカで出版され、瞬く間に100万部を突破したミリオンセラー。80年近くたった今もなお、世界中で読み継がれる「伝説の自己啓発書」が、満を持して日本語訳で出版となりました。
 「本書を読めば、幸せ街道まっしぐらの人生が実現できます! 」と和田裕美さんも推薦する一冊です。

『きれいな字で手紙が書ける7日間練習帳』

『きれいな字で手紙が書ける7日間練習帳』

亀井ゆかり/著
学研パブリッシング/出版社(2013年11月)

 どれだけ心を込めた手紙でも、相手に確実に伝わるようにするにはやっぱり見た目が大切です。そして、コツさえつかめば、誰にでも「きれいに“見える”」手紙は書けるのです。
 きれいに見える文字の基本から、実寸大ですぐに使える書き方、仕事や暮らしに役立つ文例まで。一週間でみるみるうちに手紙がうまくなる極意を、30万通の手紙を代筆してきた達人がお教えします。

『血液型で分かる なりやすい病気・なりにくい病気』

『血液型で分かる なりやすい病気・なりにくい病気』

永田宏/著
講談社/出版社(2013年11月)

 「A型は胃がんのリスクが高い?」「O型はピロリ菌に弱い?」 
 血液型が人間の体質や病気と関係しているのというのは、実は世界中の科学者の間でホットな話題。がん、胃潰瘍、脳梗塞から感染症まで、最新の研究を中心に、血液型による病気のリスクについて分かりやすく解説します。

『脳活 バランス良く鍛えて、人生いきいき』

『脳活 バランス良く鍛えて、人生いきいき』

霜田里絵/著
東京堂出版/出版社(2013年11月)

 脳を活性化して、幸せな人生を!
<交流脳><データ管理脳><対応脳><クリエイティブ脳><タフ脳><幸福脳>6つの脳力をバランス良く鍛えることで、幸福感を味わいながら生きていく力をつけましょう。気ままに試せる「30秒」「3分」トレーニングから、じっくり取り組む「30分」トレーニングまで。項目ごとのチェック&トレーニングで脳力アップを目指します。
 脳神経の専門家による、生活に活かせる脳トレ本です。

『いつも「やらなきゃ」と言っているあなたへ』

『いつも「やらなきゃ」と言っているあなたへ』

奥田弘美/著
PHP研究所/出版社(2013年11月)

 目がどんよ〜り曇っている、疲れがにじんで冴えない顔をしている、元気がなくてめっきり老け込んだ気がする……。もしかして、あなたの毎日は「やらなくちゃ!」に埋めつくされていませんか?
 「仕事と家庭のハッピーな両立」を研究&実践中の著者が贈る、「自分もハッピー、周りもハッピー」な毎日を過ごすためのコーチングレッスン。「やらなきゃ人生」におさらばして、内側からイキイキ輝く「したい人生」をスタートさせましょう!

『大人が知らない「さとり」世代の消費とホンネ』

『大人が知らない「さとり」世代の消費とホンネ』

牛窪恵/著
PHP研究所/出版社(2013年10月)

 涙袋、なんちゃって制服、ニコファーレ、キュン死、強制入籍セット……、「なんだコレ!?」と驚くようなキーワードを読み解くことで、次の市場を開くカギが見えてくる。    
 17〜26歳のさとり世代にヒットしている最新の商品やキーワードを抜粋し、6つのカテゴリー別にまとめました。気鋭のマーケティングライターが誘う「さとりワールド」へようこそ!

『超 前向き人間になれる言葉: こうして私は世界No.2セールスウーマンになった! (知的生きかた文庫)』

『超 前向き人間になれる言葉: こうして私は世界No.2セールスウーマンになった! (知的生きかた文庫)』

和田裕美/著
三笠書房/出版社(2013年10月)

 辛いとき、逃げ出したいとき、どうすれば前向きに頑張れるのか。凹んでいるあなたにこそ伝えたい、人生を好転させる「珠玉の言葉」が詰まっています。
 セールスの達人である著者が教える、楽しく前向きに生きる方法とは?

『〜動物たちにつたえたい〜 「ありがとう」。46の物語』

『〜動物たちにつたえたい〜 「ありがとう」。46の物語』

/著
扶桑社/出版社(2013年10月)

 「大好きだよ」「ありがとう」「ずっと忘れないよ」「感謝しています」動物たちへのそんな気持ちを手紙にしたら、心震える1冊ができあがりました。
 毎年10月の「動物感謝デー」にあわせて開催される『ZENOAQ 動物感謝の手紙コンテスト』。そこには、人間から動物への、溢れんばかりの想いが込められていました。思わず頬がゆるんでしまうような写真とともに、動物たちへの感謝の気持ちを感じてください。

『考えながら走る―グローバル・キャリアを磨く「五つの力」―』

『考えながら走る―グローバル・キャリアを磨く「五つの力」―』

秋山ゆかり/著
早川書房/出版社(2013年10月)

 なぜ著者は、「インテル→BCG→GE→日本IBM」という圧倒的キャリアを築けたのか?華々しい経歴を持つ著者も、実は地道な努力の積み重ねによってここまでやってきた。
 失敗、挫折、自信喪失―何があっても自分を見つめ考え続けてきた著者が、昇進や転職、独立など、どんな場合にも通用する「5つの力」をご紹介します。

『奉仕するリーダーになりなさい    世界ナンバー2セールスウーマンの奮闘 (角川oneテーマ21)』

『奉仕するリーダーになりなさい 世界ナンバー2セールスウーマンの奮闘 (角川oneテーマ21)』

和田裕美/著
KADOKAWA/出版社(2013年10月)

 世界ナンバー2セールスになった著者が奮闘しながらたどりついた「サーヴァント・リーダー」とは、いったいどんなリーダー像なのか?「相手に奉仕し、相手を導く、今求められている新しいリーダーシップとは?
 誰でもリーダーシップを発揮できる、画期的な方法をお伝えします!

『死ぬときに後悔すること25 (新潮文庫)』

『死ぬときに後悔すること25 (新潮文庫)』

大津秀一/著
新潮社/出版社(2013年10月)

 死を目の前にしたとき、人はどんなことを後悔するのか――? 1000人を超える末期患者と正面から向き合い、その死を見届けた緩和医療専門医が、悔いのない「生き方」へのヒントをくれます。
 25万部を超えた大ベストセラーが、待望の文庫化。文庫版あとがきで加えられた、読者から寄せられた「26」番目の後悔についても必読です。

『企画のプロが教える「アイデア講義」の実況中継』

『企画のプロが教える「アイデア講義」の実況中継』

加藤昌治/著
サンマーク出版/出版社(2013年09月)

 人の心を動かす企画には、「アイデア入りの企画」が必要だ!
 1枚の企画書ができるまでのプロセスを、全部で8回の講義の実況中継としてまとめた1冊。「アタマ」と「カラダ」を使いながら、ライブのような臨場感を味わってください。

『絶対に負けない交渉術 やってはいけない35のルール』

『絶対に負けない交渉術 やってはいけない35のルール』

植田 統/著
ソフトバンク クリエイティブ/出版社(2013年09月)

 交渉の場をうまく操る術を身につければ、人生も、仕事も、恋愛まで(!)スムーズに動き出す。
 ライブドア、JALの事業再生にも関わった異色の一流弁護士が、ビジネスの現場で体得してきたプロの交渉テクニックを明かします。

著者インタビューを読む
編集者インタビューを読む

『どんな病気でも後悔しない死に方』

『どんな病気でも後悔しない死に方』

大津秀一/著
角川マガジンズ/出版社(2013年09月)

 日本人は今、何の病気で、どのように死んでいるのか。
千を超える方々の最期を看取った現役医師が、終末期の現実を明らかにし、どんな病気でも後悔を残さずに最期を迎える方法を解説します。

『老いを考える100冊の本』

『老いを考える100冊の本』

久我勝利/著
致知出版社/出版社(2013年08月)

 誰もがいつか経験するものだからこそ、むかえる前に考えておきたい。テーマごとに選ばれた様々な「老い」に関する本を、そんな未知の領域に踏み出す道しるべにしてみませんか。
 「老い」を考える100冊の本は、年をとっても輝き続けるための勇気を与えてくれます。

『売上目標は立てるな!  20人までの組織をまとめるリアルマネジメント』

『売上目標は立てるな! 20人までの組織をまとめるリアルマネジメント』

岩渕龍正/著
阪急コミュニケーションズ/出版社(2013年08月)

 歯科業界のカリスマコンサルタントとして知られる著者が、従業員20人までの会社で抜群に効果を発揮するノウハウを教えます。
 会社のやる気の高めるリアルマネジメントの手法とは!?中小企業経営者・管理職必見です。

『あたらしい野宿(上)』

『あたらしい野宿(上)』

かとう ちあき/著
亜紀書房/出版社(2013年08月)

 旅コミ誌「野宿野郎」編集長がみなさんに(遠まわしに)オススメする、野宿についての実践本。ダメダメ小学生「のじゅくん」と一緒に、さあ夜空の下へ抜け出そう!
(日本野宿学会推薦図書)

『お灸で美しくなる 症状別ガイドブック』

『お灸で美しくなる 症状別ガイドブック』

齋藤剛康/著
遊タイム出版/出版社(2013年08月)

 鍼灸の第一人者である齋藤先生が教える自分ですぐにできる61のツボを紹介!
 女性特有の悩みに効果があるお灸。美容、体質改善、健康促進、体調不良など、症状別のツボをイラストでわかりやすく掲載しています。

『女のキレイは子宮から: いますぐ始める「子宮エクササイズ」 』

『女のキレイは子宮から: いますぐ始める「子宮エクササイズ」 』

南部洋子/著
草思社/出版社(2013年08月)

「子宮を大事にすれば、自分の体がもっと好きになる」
 大学病院の助産婦を経て女性の健康相談窓口を25年間運営してきた著者が、子宮が健康になり美容にも効果がある“超簡単エクササイズ”をご紹介します。

『テクニックはあるが、「サッカー」が下手な日本人』

『テクニックはあるが、「サッカー」が下手な日本人』

村松尚登/著
河出書房新社/出版社(2013年07月)

日本代表がワールドカップで優勝するには何が必要なのか? サッカーのトップ国スペインで12年の指導経験を持つ著者による名著がついに復活! サッカーファンのみならず指導者も必読の一冊。

『1000人の患者を看取った医師が実践している 傾聴力』

『1000人の患者を看取った医師が実践している 傾聴力』

大津秀一/著
大和書房/出版社(2013年07月)

・大切な人の悩み相談に真剣にこたえている
・自分なりに一生懸命アドバイスもしている
なのに、相手が元気にならない……。
そんな経験があるあなたへ、相手が元気になる「聴き方」教えます!

現場の第一線で活躍する緩和ケア医であり、
25万部のベストセラー『死ぬときに後悔すること25』の著者の最新刊!医療・介護現場のプロが必ず実践している、本当の「聴く力」とは。「傾聴」で、身近な大切な人が、元気になります。

『なぜか評価される人の仕事の習慣』

『なぜか評価される人の仕事の習慣』

濱田秀彦/著
中経出版/出版社(2013年07月)

頑張っていてもいまひとつ「評価の低い人」と、常に「周囲からの評価が高い人」の差は、いったいどこにあるのか?「できる人」がどうやって評価を高め、残念な人がどこで損をしているのか、その違いを具体例とともに紹介し、評価を逆転させるためのちょっとしたポイントを説く一冊。

『ハーバードとグーグルが教えてくれた人生を変える35のルール』

『ハーバードとグーグルが教えてくれた人生を変える35のルール』

石角友愛/著
ソフトバンククリエイティブ/出版社(2013年07月)

 日本の暗記中心の教育がイヤになり、16歳で高校を中退。
 単身日本を飛び出しアメリカへ渡った著者が、世界の最高の頭脳エリートが集まる場所、ハーバード・ビジネススクールおよびグーグルで叩き込まれた学び方、生き方・働き方を紹介する。

『「いい人生だった」と言える10の習慣』

『「いい人生だった」と言える10の習慣』

大津秀一 /著
青春出版社/出版社(2013年07月)

 終末期医療、緩和医療にたずさわる大津医師は、1000人をこえる人たちの最期を看取ってきました。その中には、後悔を残しながら亡くなった人や、自分の人生に満足しながら穏やかに息を引き取った人など、さまざまな人々がいたといいます。どう過ごしたら「いい人生だった」と思えるのか──。本書では、大津医師が、満足して人生を終えた人たちが実践していた習慣を解説します。

『日本はバルサを超えられるか』

『日本はバルサを超えられるか』

村松尚登、小澤一郎/著
河出書房新社/出版社(2013年06月)

2018年ロシア、2022年カタール……。来るべき世界での戦いに向けて日本サッカー界の次世代の選手たちに必要な育成システムを、スペインとバルサを知り尽くした指導者・村松尚登と、ジャーナリスト・小澤一郎が徹底提言! 「育成環境」「指導者」「保護者」「Jリーグ」「メディア」といった多角的なテーマにそって、けして他国の模倣ではなく、日本の強みを活かした日本オリジナルの育成システムづくりに関して多角的に検証・提案した1冊。

『プロの残業術』

『プロの残業術』

長野慶太/著
草思社/出版社(2013年06月)

仕事、お金、将来......あなたの人生の9割は、残業時間の使い方で決まる。3000人以上の経営者に面接してきたコンサルの超プロが明かす、画期的な残業ノウハウ。

『最新最強の就活セミナー 面接・自己分析・自己PR \'15年版』

『最新最強の就活セミナー 面接・自己分析・自己PR \'15年版』

細井智彦/著
成美堂出版/出版社(2013年06月)

面接のプロが伝授!
6000人以上を内定に導いた面接指導のカリスマが成功するコツをずばり解説。別冊『面接お役立ち手帖』は知っておきたい就職活動の基本情報や面接のマナー、面接頻出質問などを収録。この1冊で面接は万全!

『「朝30秒の正座」で腰痛が治る』

『「朝30秒の正座」で腰痛が治る』

金聖一/著
ダイヤモンド社/出版社(2013年05月)

道具も、クスリも、通院も必要ありません。
必要なのは、「毎朝30秒間正座をする」ことだけ。本書では、なぜ腰痛がたった30秒の正座で治るのか、そのメカニズムと腰痛を治す「朝の30秒正座」の正しいやり方をご紹介します!

『性格がよくなるメールの書き方』

『性格がよくなるメールの書き方』

和田裕美/著
光文社/出版社(2013年05月)

嫌われる文章、書いてない?――メールの普及、SNSの浸透で、「話す」よりも「書く」コミュニケーションの機会が飛躍的に増えた現代社会。今、この瞬間も、世界のあちこちで飛び交っているメールが、知らないうちに相手を怒らせたり、誤解を招いたりと、“事件\"を巻き起こしています。でも、どう書けばいいの?……そんな悩みを持つ人のために、世界No.2セールスウーマンとして知られる著者の人気セミナーが、ついに単行本化されました! 人はどんな言葉を使って書くかによって、自分の人格さえも創ってしまうのです。そして、どんな文章を書くかによって、人からの印象も決まってしまうのです。 たくさんの“悪い例文\"を用いた解説と、人とのつながりを強くする文章の“8つの基本\"で、あなたも今日から「性格がよくなる文章の書き方」を身につけませんか。

『サンゴレンジャー』

『サンゴレンジャー』

さかいたまき/著
朝日新聞出版/出版社(2013年05月)

舞台は沖縄県石垣島。サンゴ礁を破壊する大規模な橋の建設計画をめぐる対立の渦中に、環境省の熱血自然保護官、矢島が着任する。美しいサンゴを守るべく、仲間とともに問題解決に立ち向かうが、やがて島中を巻き込む大騒動となることに…… “レンジャー\"たちが熱く奔走する、痛快青春エンターテインメント!
青柳翔、田中圭、佐々木希出演でついに映画化! 2013年6月、全国ロードショー。

『アベノミクスが引き金になる日本国債暴落のシナリオ』

『アベノミクスが引き金になる日本国債暴落のシナリオ』

石角完爾/田代秀敏/著
中経出版/出版社(2013年05月)

以前から、ハイパーインフレによる日本国債暴落を唱えてきた著者は「アベノミクスはアベノリスクだ」と懸念を唱えている。「アベノミクス」のどこがヤバいのか、リフレ政策を実行することで日本国債はどうなるのか等、その実態を明らかにするとともに、これからの生活の守り方を指南する一冊。

『ああ不妊治療』

『ああ不妊治療』

榎本由美/著
徳間書店/出版社(2013年04月)

「お金はどれくらいかかる?」「やっぱり治療は痛いの?」「気になる卵子老化のこと」などなど、なかなか人には聞きにくい基礎的な情報をわかりやすく追体験しながら、時にはクスッと笑ってしまうようなエピソードが満載の1冊です。不妊治療に興味がある人、現在進行形の人、いま不妊治療をお休みしている人、様々な形で妊活を卒業した人・・・・・・、悩める現代女性必読!

『世界最高ホテル「ザ・プラザ」 超一流の働き方』

『世界最高ホテル「ザ・プラザ」 超一流の働き方』

奥谷啓介/著
経済界/出版社(2013年04月)

ビートルズ・ケネディ大統領・サウジの大富豪……。全世界のVIPらに愛され、マネージャーとして超一流の世界で学んだ世界標準の「サービス」「心の持ち方」「自分の活かし方」「生き方」を公開!

『ユダヤの「生き延びる智慧」に学べ』

『ユダヤの「生き延びる智慧」に学べ』

石角完爾/著
朝日新聞出版/出版社(2013年04月)

想像を絶する苦難を乗り越え、ユダヤ人は成功を収めてきた。いかにしてユダヤ人は生き延びてきたのか。未曽有の危機に見舞われた日本人が学ぶべきものは何か。
ユダヤ教に改宗してユダヤ人になった国際弁護士がユダヤ五千年の知恵を明かす!

『命を救った道具たち』

『命を救った道具たち』

高橋大輔/著
アスペクト/出版社(2013年04月)

ロシアのアムール河で突然、乗っていた船が壊れた。その時、わたしがバックパックの中から取り出したものとは――。ロビンソン・クルーソーの家を発見した探検家・高橋大輔が命を保つために使い続けてきた道具たちと探検世界を語りつくす。

『アジの開きかた、人生のひらき方 』

『アジの開きかた、人生のひらき方 』

喰始/著
KKベストセラーズ/出版社(2013年04月)

今年で30周年を迎えるWAHAHA本舗、しかし、4月からの全国公演がLAST公演になる。 その主宰者・喰始が語る「LAST」の意味とは?中高年に贈る応援歌エッセイ。

『旅ノート・散歩ノートのつくりかた』

『旅ノート・散歩ノートのつくりかた』

奥野宣之/著
ダイヤモンド社/出版社(2013年03月)

切って、貼って、書いて、宝ものとなる思い出を残そう。累計50万部超の人気“ノート作家\"が教える、「旅ノート」「散歩ノート」作りの41のコツ。著者の実物ノートをすべてカラーで掲載し、誰でも簡単にマネできるノートの作り方を紹介します。

『恋文讃歌』

『恋文讃歌』

鬼塚忠/著
河出書房新社/出版社(2013年03月)

僕は祖母から歴史に翻弄された愛の物語を聞かされ、解けなかった暗号の恋文を手にする。鹿児島、北朝鮮、シベリアを舞台に、夫婦愛、親子、そして孫へとつながる壮大な涙のラブストーリー。

『朝鮮王朝禁じられた愛』

『朝鮮王朝禁じられた愛』

多胡吉郎/著
講談社/出版社(2013年02月)

NHKで韓国取材に長く携わった著者が、朝鮮王朝500年の間であった、とっておきの禁じられた愛を描き出す。もちろん史実に根ざしつつ、まるで物語のように読める形で。身分違いの恋、政敵との恋愛など、さまざまな障害の中、人を愛する純粋さが伝わり読者の胸を打ちます。恋物語として楽しめ、韓国ドラマ好きにもお勧めです。

『「使える人材」を見抜く 採用面接』

『「使える人材」を見抜く 採用面接』

細井智彦/著
高橋書店/出版社(2013年02月)

御社の面接がダメな理由、教えます。
---中途採用、新卒採用、契約、派遣、バイト、パート、すべての面接官必読! ---
官庁、大手、ベンチャー企業の人事担当・現場マネジャーから社長まで、1500人以上の面接官を指導してきたナンバーワンエージェントが教える「面接の技法」

『改訂版 不動産投資の破壊的成功法』

『改訂版 不動産投資の破壊的成功法』

金森重樹/著
ダイヤモンド社/出版社(2013年02月)

旧版出版から8年、環境変化により「1年で10億つくる」ようなハイリスク・ハイリターンは成り立たなくなったが、優良物件を見極めることにより安定収入の確保と節税メリットを享受する成功者たちは存在し、本書の基盤となる考え方はいつの時代にも成り立つ。東日本大震災を踏まえた最新事例と、投資の考え方を紹介。

『「コラボ」の教科書』

『「コラボ」の教科書』

鳥内浩一/著
かんき出版/出版社(2013年02月)

厳しい経営環境のもと、既存事業に漂う閉塞感を打破する手法として、広い意味での「コラボレーション」が注目されています。
出自の異なる者同士が知恵を出し合い、従来にない商品・サービス、ビジネスモデルが続々生まれ、注目を集めています。
しかし、異業種間の企業やライバル同士、あるいは企業と消費者の間で結成される「コラボ」は手探りで進められるケースが多く、方法論は確立されていません。
本書では、コラボの着想から交渉、立ち上げ、運営から成功にいたるまでのプロセスごとに必要なスキルとノウハウを解説します。

『実はすごい町医者の見つけ方』

『実はすごい町医者の見つけ方』

永田宏/著
講談社+α文庫/出版社(2013年02月)

日本医療情報ネットワーク協会の理事を務め、病院の裏側に精通している著者が、町医者の選び方を教えます!「タウンページでいい病院は見抜ける」「何かを受診するか困ったら内科を選べ」「お医者さんの住所から腕を見抜ける」など、病院選びの極意がズラリ。今後ますます高齢化が進み、病院の選び方が重要になってくる昨今にお勧めの1冊!

『40代を後悔しない仕事ルール41 』

『40代を後悔しない仕事ルール41 』

植田統/著
PHP研究所/出版社(2013年02月)

衰退する日本経済、終身雇用制の崩壊、加速する日本企業のグローバル化……。将来予測不能な時代にあって、10年後のビジネスパーソンの働き方が劇的な変化を遂げることだけは確実!
そこで現在30代の人たちが、10年後も元気に生き抜くために身につけておくべきスキルを伝授する!

『レバレッジ!』

『レバレッジ!』

大原省吾/著
双葉社/出版社(2013年02月)

イラクにレアメタルの調査に行った大手商社の社員が、クルド人過激派グループに拉致された。アメリカ政府の陰謀が見え隠れするなか、日本政府は救出に及び腰。そんななか、6人の商社マンが立ち上がった。期限は2週間。自己資本ゼロの状態で、国際市場から身代金の5000万ドルを調達できるか!?!

『現代語で読む「生まれ出づる悩み」』

『現代語で読む「生まれ出づる悩み」』

高木敏光/現代語訳、有島武郎/著
理論社/出版社(2013年02月)

かつて、自分の描いた絵を見てほしいと言って、ぼくを訪ねてきた若者がいた。やがて彼は北海道で漁師になる。画家の志と、現実の暮らしの間に生じる青年の深い悩みを、ぼくは想像する。現代語で読む名作シリーズの第五弾。

『劉邦の宦官』

『劉邦の宦官』

黒澤はゆま/著
双葉社/出版社(2013年02月)

劉邦が前漢の初代皇帝となった四年後、新たに都となった長安の長楽宮に、小青胡と張釈という二人の幼い少年が宦官として仕えた。
貧しい生まれの二人は宮殿での悲惨な生活のなか、強く惹かれ合う。
しかし劉邦の死後、後継者争いが激化するなか、劉邦の息子・劉盈に仕える小青胡と、権力の虜となった張釈の関係は変化していく。
注目の新人が描く、歴史小説の新境地。

『恋するように生きなさい』

『恋するように生きなさい』

照井邦子/著
光文社/出版社(2013年02月)


舞妓さんとして輝き、経営者としても輝いた。でも、いまがいちばん活き活きしている――恋、仕事、努力、苦悩、そして祇園の教え。CMでおなじみの人気シニアモデルが明かす、素敵な笑顔の秘訣。

『歎異抄』

『歎異抄』

金山秋男・現代語訳/著
致知出版社/出版社(2013年02月)

浄土真宗とか、日本仏教といった枠組みを超えて、『歎異抄』は人類の心の書物と言っても過言ではないでしょう。全文をとことん読みやすくした「いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ」の第6巻!

『すごい会議ワークブック2013』

『すごい会議ワークブック2013』

大橋禅太郎/著
朝日新聞出版/出版社(2013年02月)

ベストセラー『すごい会議』の著者発、あなたの会社とあなたの日々の仕事を劇的に変える会議のためのワークブック!

『12歳まではテスト勉強させてはいけない』

『12歳まではテスト勉強させてはいけない』

小柳和久/著
青春出版社/出版社(2013年02月)

会人になって必要とされる集中力、思考力、記憶力、判断・処理能力(あわせて地頭力)…は、小学生のときの学習の仕方で大きく決まってくる。テスト勉強のようなパターン学習や詰め込みでは、ただ勉強嫌いになってしまうだけ。本書では、学習障害児の生徒を東大に合格させるなど数々の実績をあげ注目されている、子どもの脳力を伸ばすノウハウとそのトレーニング法を解説する。

『仕事に使える 感情コントロールの技術』

『仕事に使える 感情コントロールの技術』

吉澤ゆか/著
阪急コミュニケーションズ/出版社(2013年02月)

自分の感情をきちんとコントロールできるようになれば、時間管理は必ずうまくいく。本書では、時間管理 を身につけるための考え方とオリジナルメソッドに基づいたスキル&ツールを紹介。「時間の価値を飛躍的に高める方法」を学べば、あなたの人生に大きな変化を起こすこと間違いなし。

『FCバルセロナの戦術分析 ディフェンス編』

『FCバルセロナの戦術分析 ディフェンス編』

村松尚登・監訳、アタナシアス・テルジス/著
スタジオタッククリエイティブ/出版社(2013年02月)

FCバルセロナの2010-11シーズンの戦術を、UEFA B級ライセンスを保持するアタナシアス・テルジス氏が徹底的に分析し、解説しています。

『FCバルセロナの戦術分析 オフェンス編 』

『FCバルセロナの戦術分析 オフェンス編 』

村松尚登・監訳、アタナシアス・テルジス/著
スタジオタッククリエイティブ/出版社(2013年02月)

FCバルセロナの2010-11シーズンの戦術を、UEFA B級ライセンスを保持するアタナシアス・テルジス氏が徹底的に分析し、解説しています。

『限界家族』

『限界家族』

中村純子/著
毎日新聞社/出版社(2013年01月)

父は借金1億円、母&兄は重い病、弟はワープア、そして私はアラフォー未婚女子! ! 家族を笑え! 新感覚“底辺\"コミックエッセイ。

『どんな人でも買わずにはいられなくなる「欲望直撃」のしかけ』

『どんな人でも買わずにはいられなくなる「欲望直撃」のしかけ』

殿村美樹/著
すばる舎/出版社(2013年01月)

「ひこにゃん」「うどん県」「今年の漢字」ブームの火付け役が教える、お客の心をつかんで動かす方法。
誰もが心の奥底に持っている5つの欲望をダイレクトに直撃することで、これまでの「売れない」悩みがウソのように消え去り、売れなくて困っていた商品も、ヒット商品に変えられる!
企画商品化し、成果が得られた25の実例から、欲望を直撃するポイントや、人を買わずにはいられなくさせるしかけのプロセスを紹介します。

『ネガティブシンキングだからうまくいく35の法則』

『ネガティブシンキングだからうまくいく35の法則』

森川陽太郎/著
かんき出版/出版社(2013年01月)

 従来ありがちな前向き・ポジティブ路線の自己啓発書の「逆」を行く、「OKラインメソッド(目標は低くして、小さな成功を積み上げて自信を得る)」を中心として、結果を出し続けているトップビジネスマン・プロ選手に共通する「成功する目標設定」の方法を紹介します。
 年間1200件のメンタルトレーニングを指導している著者による、「しなくてはいけないこと」を「やりたいこと」に変える、気持ちの整理術を教えます。

著者インタビューを読む
編集者インタビューを読む

『日本的「失敗」の本質 29例に学ぶ没落のメカニズム』

『日本的「失敗」の本質 29例に学ぶ没落のメカニズム』

植田統/著
朝日新聞出版/出版社(2013年01月)

失われた20年は、日本企業の経営失敗の連続でもあった。10年間の雪印に端を発した食品偽装事件、カネボウに代表される粉飾決算事件、昨年のオリンパス、大王製紙、2012年もパナソニックやシャープなど、経営判断を誤った事例は枚挙に暇がない。
失敗事例から日本企業がはまる陥穽を検証する。

『できる人はなぜ「情報」を捨てるのか』

『できる人はなぜ「情報」を捨てるのか』

奥野宣之/著
講談社+α文庫/出版社(2013年01月)

30万部超え大ヒット『情報は1冊のノートにまとめなさい』の著者が新聞記者時代の経験を元に書いた、情報の取捨選択の仕方。「効果的なアウトプットをするために、頭を寄せ鍋状態にする」「化石化した情報を選択することで、情報の間違いがなくなる」「ウラを取ってある(であろう)情報には乗る」など、情報に対する目からウロコのアプローチが多数。情報整理術の第一人者が贈る、情報の洪水をうまく乗りこなす1冊。

『ドアの向こうのカルト』

『ドアの向こうのカルト』

佐藤典雅/著
河出書房新社/出版社(2013年01月)

東京ガールズコレクションの仕掛け人としても知られる著者は、ロス、NY、ハワイ、東京と9歳から35歳までエホバの証人として教団活動していた。信者の日常、自らと家族の脱会を描く。

『とことん観察マーケティング』

『とことん観察マーケティング』

野林徳行/著
ビジネス社/出版社(2013年01月)

 お客様をリアルに感じてヒットを生んできたカリスマ・マーケターの、「見る・聞く・想像する」行動的マーケティングを大公開。著者はこれまでローソン、ローソンチケット、リクルート、ブックオフでマーケティングや商品開発、企業経営に携わってきた。どの会社でも「お客様の顔が浮かぶまで知る欲望を止めない」をモットーに、顧客の調査、インタビュー、動向分析を徹底的に行ってきた。
 本書では、「モノを売る」「売れるモノをつくりだす」方法を著者の実体験をもとに、各事例から検証していく。

著者インタビューを読む
編集者インタビューを読む



ページのトップへ戻る

このサイトは株式会社アップルシード・エージェンシーが全ての著作権を保有しています。