アップルシードエージェンシー

  • ホーム
  • プロの作家の方へ
  • 作家デビューしたい方へ
  • 編集者の方へ
  • アップルシードエージェンシーとは
  • 所属作家のご紹介とは
  • 所属作家からのコメント
  • これまでに手掛けた作品
  • お問い合せ
  • メルマガ登録
  • カフェリブロ 作家養成ゼミ
  • アップルシードエージェンシーブログ
  • 働く社員のブログ
  • 世界放浪ブログ「88年のバックパッカー」

これまでに手掛けた作品

  • 作品紹介
  • ベストセラー作品
  • 映像化作品

作品検索

■年代 年   ■ジャンル

■キーワード 

検索結果

『育毛セラピー』

『育毛セラピー』

鈴木拓也/著
経済界/出版社(2010年12月)

うす毛の家系に生まれ、カッパハゲになる寸前で奇跡のV字回復を果たした著者が、
試行錯誤の末に編み出した「究極の育毛法」!

『「美しさ」と「若さ」を保つアンチエイジングのすすめ』

『「美しさ」と「若さ」を保つアンチエイジングのすすめ』

米井嘉一/著
青春出版社/出版社(2010年12月)

老化は病気のひとつであり、治療もできれば予防の手だてもある! 「美しさ」と「若さ」はキープできる! ――アメリカ発の最先端医学「抗加齢医学」で研究され実証された、誰にでも効く確実な方法を大公開!

『和田裕美の今の仕事がつまらないと思ったら読む本』

『和田裕美の今の仕事がつまらないと思ったら読む本』

和田裕美/著
大和書房/出版社(2010年12月)

今の仕事を楽しめる人には、必ず次のステージが待っている!和田裕美が教える、自分を高める働き方のコツ。ベストセラー文庫化。

『日本国債暴落のシナリオ』

『日本国債暴落のシナリオ』

石角完爾・田代秀敏/著
中経出版/出版社(2010年12月)

日本国債の暴落の可能性が高まってきている。多くは日本の金融機関・郵便局・年金が集めた預金を背景にして購入されている日本国債が危機に面した時、私達の預金も危機に晒されることになる。その実態を明らかにするとともに、これからの生活の守り方を指南する一冊。

『大人が楽しむひとふで描き』

『大人が楽しむひとふで描き』

チームひとふでんず/著
ユナイテッド・ブックス/出版社(2010年12月)

誰でも「ひとふで」で絵が描ける!脳の活性化にも効果あり。ありそうでなかった、「ひとふで描き」が本になりました。自分で描くのもよし、ご両親に「楽しい脳トレ」をプレゼントするのもよし。
収録されたひとふで描きは、「ひとふで」で、誰にでも「伝」わるちょっとした「図」なので、「ひとふでんず」と呼ばれています。
1月から12月まで、月ごとに季節の風物の「ひとふでんず」を収録。

『一周忌からの恋』

『一周忌からの恋』

山内ゆう子/著
ポプラ社/出版社(2010年12月)

愛する人が逝っても、人生は続く。
最愛の夫を失った30代女性が、傷心の果てにモンゴルの大草原で見つけたものとは・・・? 涙と笑顔が同時にこぼれる、感動のノンフィクション。

『空飛ぶペテン野郎』

『空飛ぶペテン野郎』

チャーリー春日/著
飛鳥新社/出版社(2010年11月)

「俺の人生、9割がフェイクだった」 ヘリコプターパイロットの怪しいペテン奮闘記!! あまりに“不道徳”、あまりに“わがまま” 単なるペテン師か、それとも夢を掴んだ成功者か? 化粧品販売、エステサロン経営、ホスト、マルチビジネス、探偵業を経て 夢のヘリ販売会社を設立!! 「女と金持ちを溶かし、俺は生きてきた」。 ―哄笑を誘う破天荒な人生―

『プレゼン力がみにつくPowerPoint講座』

『プレゼン力がみにつくPowerPoint講座』

天野暢子/著
翔泳社/出版社(2010年11月)

本書では、PowerPointの使用が求められる具体的なシーンを想定して問題を設定し、「問題」→「解答例」→「ポイント解説」の3ステップを通して、ビジネスの現場で有効なPowerPointのテクニックを学習していきます。さらに、ビジネス文書の作成において押さえておくべき「ビジネスルール」も合わせて解説していますので、すぐに仕事で使えます。

『人生は1冊のノートにまとめなさい』

『人生は1冊のノートにまとめなさい』

奥野宣之/著
ダイヤモンド社/出版社(2010年11月)

 本書では、これまでほとんど語られなかった読み返しの技術に1章を割き、「マーキング」と「タイミング」の手法を中心に詳しく解説していきます。さらに、巻末の付録では、記録・読み返しに役立つ23の補助ツール(文房具)も紹介しています。50万人が支持した100円ノート術の決定版です。

著者インタビューを読む
編集者インタビューを読む

『採用側のホンネを見抜く 超転職術』

『採用側のホンネを見抜く 超転職術』

田畑晃子/著
阪急コミュニケーションズ/出版社(2010年11月)

 紹介実績1000名以上、採用戦略コンサルとして商談数約3000社、これまでに会った経営幹部・ビジネスパーソン約3500名。「リクルートエージェント」にて驚異的な営業実績を残した人材エージェントの著者が、転職の「ビフォア・アフター」両方の豊富な事例を生かして「必ず結果を出せる」転職の方法を公開します。

著者インタビューを読む
編集者インタビューを読む

『プレゼンはテレビに学べ!』

『プレゼンはテレビに学べ!』

天野暢子/著
ディスカヴァー・トゥエンティワン/出版社(2010年11月)

テレビの視聴率は10%で視聴者は約1000万人。
1000万という人を瞬時に引きつけるテレビのテクニックを、皆さんが必ず見たことがある例を交えながら、日々の仕事やコミュニケーションへの応用方法を紹介していきます。

『教えて! カンヌ国際広告祭』

『教えて! カンヌ国際広告祭』

佐藤達郎/著
アスキー・メディアワークス/出版社(2010年11月)

 「これからの広告」ひいては「これからの生活者と有効にコミュニケーションしていく」ためのアイディアを学べる場所、カンヌ国際広告祭。そこで行なわれる審査は、その先見性ゆえに批判も多いのですが、数年もすれば、グランプリ受賞作品の持つコミュニケーションの方向へ、広告界は確実に動いていきます。
 激変する広告界への「ヒントと刺激の宝庫」カンヌを長年ウオッチし続けてきた著者が、広告の新潮流「非広告型広告」を解説します。

著者インタビューを読む
編集者インタビューを読む

『終末期患者からの3つのメッセージ』

『終末期患者からの3つのメッセージ』

大津秀一/著
ユナイテッド・ブックス/出版社(2010年11月)

これまでに1000人を超える患者を看取ってきた経験から、後悔のない最期を迎える人に共通する3つの特徴が浮かび上がる。 客観的には幸福だっただろう人が「私は世界一不幸です」と嘆き、客観的にはこれ以上過酷な人生はないかもしれないという人が「私は幸せでした」と微笑む。 それが人生の終着点を前にした人間の姿。 どうすれば後悔しない一生を送れるのか? 今、自分が苦しんでいるのはなぜか? 死を前にした方々から比べれば、その自分の苦しみはどうなのか? 自らの弱さとは何か? 人生の究極の到達点とも言える終末期の患者さんのエピソードとともに、こういった疑問について考えることで、あなたの今ここからの人生を充実させることができる。

『テレビが飛びつくPR』

『テレビが飛びつくPR』

殿村美樹/著
ダイヤモンド社/出版社(2010年10月)

 「佐世保バーガー」「さぬきうどん観光」「ひこにゃん」など、地方発の全国的ブームの仕掛人が、テレビに商品・会社を取りあげてもらう方法を明かす。
 「とにかくビジュアル化する」「インパクトのあるビジュアル+ストーリーをつくる」「タイムリーで普遍的な切り口を見つける」の3つの法則でテレビPRはうまくいく!

著者インタビューを読む
編集者インタビューを読む

『プロの交渉術。』

『プロの交渉術。』

長野慶太/著
大和書房/出版社(2010年10月)

交渉を制する者がすべてを制する。何を着て何を見せ何を語れば言い分をスムーズに通せるのか。交渉の達人が明かす人を動かす技術。

『余命1年からの奇跡』

『余命1年からの奇跡』

野澤英二/著
かんき出版/出版社(2010年10月)

 リストラ、就職難、先の見えない不況……自分ではどうしようもない現実を受け入れなければならない人は多い。著者の野澤英二氏は、30歳で下半身不随、32歳で胃ガンになり余命1年の宣告を受け、40歳でくも膜下出血を経験するという絶望を何度も経験した。しかし、アスリートとして父としてその度に立ち上がり、奇跡を起こす。彼をそこまで突き動かすものは何なのか?
 著者の壮絶でありながらもさわやかな生き様を通して、あきらめない心、前を向く力が湧いてくる1冊。

著者インタビューを読む
編集者インタビューを読む

『バカ学生を医者にするな!』

『バカ学生を医者にするな!』

永田宏/著
毎日新聞社/出版社(2010年10月)

医学部よ、おまえもか?医師不足に端を発した医学部増員。その陰で忍び寄る学力低下と「医師余り」危機。医療の明日を問う一冊。

『うつが逃げ出す50のコツ』

『うつが逃げ出す50のコツ』

奥田弘美 /著
青春出版社/出版社(2010年10月)

「忙しすぎて、このままじゃウツになる……」社会不安の深刻化や、長引く不況などが原因で、うつ病にかかる人の増加が問題となっています。社会状況が簡単に好転することが望めないなら、毎日の生活の中でうつを防ぐ工夫をするよりほかありません。本書では、うつを未然に防ぐために、毎日の生活の中で簡単にできるコツをイラスト付きで50個紹介します。

『半次郎』

『半次郎』

宮本正樹/著
幻冬舎/出版社(2010年09月)

明治十年西南戦争――。 日本最後の聖戦に挑んだ男たちがいた。 幕末の動乱期、新撰組さえ恐れる若き薩摩の 剣客、中村半次郎がいた。人並み外れた度胸 と剣の腕で西郷隆盛から重用され、その人柄 は志士たちに慕われた。戊辰戦争で武勲をたて、明治新政府の陸軍少将まで上りつめるも、権力闘争に敗れた西郷と薩摩に下野。だが、明治十年、維新の理想を胸に、一万三千の薩摩軍を率いて東上する……。珠玉の幕末小説。

『あなたらしい運命を引き寄せる「感じる力」』

『あなたらしい運命を引き寄せる「感じる力」』

キース・ビーハン/著
青春出版社/出版社(2010年09月)

英国スピリチュアル協会最高峰のミディアム(霊能力者)・スピリチュアルカウンセラーでもあり、日本の空港に降り立った瞬間、前世で日本にいたことがあると確信したというキース氏が、「ストレス・不安を抱えた人々を救いたい」という思いで日本人のためだけにつづったメッセージを初公開。感じる力を養い、ガイドスピリット(守護霊)に守られて自分らしい幸せな運命を歩む方法を伝授します。

『野宿入門』

『野宿入門』

かとうちあき/著
草思社/出版社(2010年09月)

お金がなくても休みがなくても大丈夫! 話題のミニコミ誌『野宿野郎』の編集長が、日常を「非日常」に変える野宿の魅力を、これまでの野宿エピソードを交えつつユーモラスに綴る。

『死ぬときに人はどうなる 10の質問』

『死ぬときに人はどうなる 10の質問』

大津秀一/著
致知出版社/出版社(2010年09月)

著者はいままで千人以上の死を見届けてきた終末期医療の専門家。
本作では、死に直面した患者やその家族から
よく聞かれる質問を集約しました。
テレビドラマで描かれるような一般的なイメージとは異なる、儚くも厳しい現実を意識することこそが、よりよく生きるための“処方箋”であると著者は説いています。二十万部を超えたベストセラー『死ぬときに後悔すること25』の著者がおくる最新刊。

『世界一わかりやすい4コマビジネス書ガイド』

『世界一わかりやすい4コマビジネス書ガイド』

山田玲子/著
ディスカヴァー・トゥエンティワン/出版社(2010年09月)

 「ビジネス書を読んだけど効果がなくて、また同じ本を買ってしまう」そんな人に朗報。本書では、有名女子書評ブロガー「女子勉」さんが読んで実際に効果があった本50冊を紹介。どこに付箋を貼り、どうアクションし、どう変わっていったのかが、1冊を通して分かるようになっています。

著者インタビューを読む
編集者インタビューを読む

『じぶんで自宅で人間ドック』

『じぶんで自宅で人間ドック』

桐生迪介/著
サンマーク出版/出版社(2010年09月)

健康でいられるための重要なポイントとは何か。それは、ふだんから自分の体に関心を持っているかどうかです。医師である著者が、健康なときの自分の体の「どこを、どのようにチェックすればよいのか」をまとめたのが、この本。特別な道具は一切使わず、家庭にあるものを使って、自分一人で簡単にできる検査ばかり。オールカラーで見やすく、イラストを多用しながらわかりやすく解説しました。
※巻末付録:切り取って携帯できる「チェックシート」

『図解 残業ゼロで、仕事ができる人の習慣』

『図解 残業ゼロで、仕事ができる人の習慣』

夏川賀央/著
PHP研究所/出版社(2010年08月)

「残業しない」「寄り道が多い」「ネガティブ思考」――にもかかわらず、人より10倍の成果を出す。そんな「なぜかできる人」の仕事術。

『新・薬を使わずに「うつ」を治す本』

『新・薬を使わずに「うつ」を治す本』

最上悠/著
河出書房新社/出版社(2010年07月)

うつ病治療は、薬を飲む前に自分自身でできることがある。本書は、専門医である著者が、セルフヘルプなどの実践方法を症状に合わせてやさしく解説する。うつから自分で抜け出すヒント満載!

『がんばっても成果は出ない』

『がんばっても成果は出ない』

別所諒/著
ユナイテッド・ブックス/出版社(2010年07月)

 「やればできる」と言われても……正直キビしい。そんなあなたのための生きるヒントです。先行き不透明な時代を生き抜くサラリーマンが知っておくべき究極のスキル。それは競わずに勝ち、自分の居場所を確立する力を身につけること。いかにして自分の身を守るか、社内で評価を受ける方法、社外で評価される方法、そして最終的には、仕事を楽しみ自分らしく生きる方法を、ステップに沿ってお伝えします。

著者インタビューを読む
編集者インタビューを読む

『いち、にの、さん。』

『いち、にの、さん。』

実谷蒼依/著
ポプラ社/出版社(2010年06月)

“家族”と“学校”。そのふたつに否定されれば、小さな世界は呆気なく絶望に食い潰される―。小5で自傷を始め16歳で自殺未遂をした「死にたがりや」の女の子が、あがき続けた末に見つけた「生きる意味」とは?不器用なほど「生」と懸命に向き合った記録。

『「やる気」が出るコツ、続くコツ』

『「やる気」が出るコツ、続くコツ』

和田裕美/著
ダイヤモンド社/出版社(2010年06月)

「モチベーションが下がる」と言うとき、あなたはモチベーションが外から与えられるものと思っていませんか? ほんとうは皆、自分の中に生まれながらにもっているんです。自らガソリン補給し、燃やし続けられるように、「陽転思考」をベースにした考え方と行動のヒントをお伝えします。

『このすしなあに』

『このすしなあに』

塚本やすし/著
ポプラ社/出版社(2010年06月)

へい、いらっしゃい! いきいのいいねたが、たくさんそろってるよ!
こどもたちがだいすきなたべもの、ナンバー・ワン! いまや、せかいのごちそう! おすしの絵本ができました。
切り身の魚しか見たことのない子どもたちが、大好きなおすしを食べながら、まるごとの魚やイカやウニを思い浮かべている…。
そんな姿を想像しながら、つくった絵本です。
おすしをほおばりながら、たくさんのいのちをいただいて生きている、ありがたさも感じることができる、おもしろまじめな、食育絵本です。

『知的生産ワークアウト』

『知的生産ワークアウト』

奥野宣之/著
ダイヤモンド社/出版社(2010年05月)

 情報収集&整理、発想術、読書術、文章力、集中力、時間管理、環境改善、ストレスコントロールまで、いつでも・どこでも、ローコストですぐに実施でき、効果の高い73の知的生産法を大公開。

著者インタビューを読む
編集者インタビューを読む

『格下婚のススメ』

『格下婚のススメ』

水次祥子/著
阪急コミュニケーションズ/出版社(2010年05月)

結婚は面倒くさいけど、でも、やっぱり結婚したい……そんな気持ちを捨てきれずにいるアナタ。仕事は面白いし、そこそこ稼げているなら、格下婚はどう? なにも年下男じゃなくても、現代にはあらゆるタイプの「格下クン」がいるのです。問題は、彼らをいかにゲットして、結婚まで持ち込むか。格下婚で、目指せ「ストレス・フリー婚」! 《肉食女子必読! 面倒くさくない結婚の方法、教えます》

『ゼロからはじめる ネット通販の教科書』

『ゼロからはじめる ネット通販の教科書』

池本克之/著
ユナイテッド・ブックス/出版社(2010年05月)

資金、年齢、性別、居住地、キャリアは関係なし。ドクターシーラボとネットプライスをあっという間に100億円企業に育て上げた通販のプロが、最小の投資で最大の利益を上げる稼ぎ方を完全伝授!

『働く「しあわせ」の見つけ方』

『働く「しあわせ」の見つけ方』

夏川賀央/著
かんき出版/出版社(2010年05月)

 人生において一番長い時間を割かれるものが「仕事」。そのため、仕事上でいろんなことを悩みます。「もっと自分に向いている仕事があるんじゃないか?」「なんで俺ばっかりこんな目に?」など。時には「辞めたい」と思うことも。本書は仕事上で悩んだり、壁にぶつかった人々に贈る、「勇気」「元気」「気づき」をくれるいい話が詰まった本です。

著者インタビューを読む
編集者インタビューを読む

『子どもをサッカー選手にするためにできること』

『子どもをサッカー選手にするためにできること』

伯井寛,巴康子,赤澤竜也/著
PHP研究所/出版社(2010年04月)

日本サッカー界のキーマンとして活躍する選手たちはいかに育ったのか。
彼らの才能を伸ばした家族、コーチがどのように少年時代を支えたのかを紹介する。

『「いい人」はなぜガンになりやすいのか』

『「いい人」はなぜガンになりやすいのか』

最上悠/著
青春出版社/出版社(2010年04月)

ストレスへの反応の違いで、なりやすい病気が違った! 本書では、性格と病気の深い関係、またそのメカニズムを解き明かしていきます。

『アンチェロッティの戦術ノート』

『アンチェロッティの戦術ノート』

カルロ・アンチェロッティ・片野道郎/著
河出書房新社/出版社(2010年04月)

ミランを二度の欧州制覇に導いた、現チェルシー監督が語る、欧州サッカー最前線の現場に根ざした戦術論、選手論、そして監督論。チャンピオンズリーグ決勝等ビッグマッチの采配解説も充実!

『マラドーナ 新たなる闘い』

『マラドーナ 新たなる闘い』

藤坂ガルシア千鶴/著
河出書房新社/出版社(2010年04月)

代表監督就任から本大会出場をつかむまでの激動の日々を、現地在住21年の日本人ジャーナリストが徹底取材! サッカー史上、最も愛され、そして憎まれる男の、もう一つの伝説がはじまる。

『たかが赤字でくよくよするな!』

『たかが赤字でくよくよするな!』

八木宏之/著
大和書房/出版社(2010年04月)

赤字だとわかったら、まずは支払い順位を変えろ ●取られるものがなければ、債務はないのと同じ ●経営者の生活費と「近くの顔の見える人」を守れ ●債務の返済よりも「納税」を優先しろ―。
9000社を手がけた中小企業再生のエキスパートが教える、もうダメだ、と思ってから役に立つ本!

『やらない仕事術』

『やらない仕事術』

夏川賀央/著
あさ出版/出版社(2010年04月)

「やらない」ことから見えてくるモノもある!
「自分にとっていいやり方」や「自分らしく変えたやり方」を吸収し、そうでないものは、思い切って「やらない!」。
独自の成長を遂げていくために、自分らしく仕事を作っていく方法を教えます!

『親がブレなければ子どもは合格します!!』

『親がブレなければ子どもは合格します!!』

福澤晃典/著
オープン・エンド(牧野出版)/出版社(2010年04月)

 名門小学校合格率97%!
 お受験を考え始めた時から合格後まで、受験期に関する全ての不安や悩みに、お受験の神様がこっそり教えます。

著者インタビューを読む
編集者インタビューを読む

『16倍速仕事術』

『16倍速仕事術』

本山勝寛/著
光文社/出版社(2010年04月)

『16倍速勉強法』の著者は、社会人になってもすごかった! 広報マンとして年100本のプレスリリースと100本の動画を作成・配信、年間10カ国への海外出張、入社後2年間で3冊の本を出版。【勝利の方程式】<仕事の成果=効率×戦略×時間×地頭>を駆使して、仕事で最大限の成果を発揮することができるようになれば、所得も結果的に増える。効率的に仕事することで、プライベートライフもより充実させることができる!

『真理男』

『真理男』

鈴木剛介/著
角川書店/出版社(2010年03月)

愛おしい高校時代そして迷いの果てに大人へ……出会い、友情、別れ、裏切り、絶望、再生。泣いて、笑って、ちょっぴりイタイ、不器用にしか生きられない、すべての若者に送る\"究極の青春エンタテイメント小説\"。

『完全無欠のマネジャーマニュアル』

『完全無欠のマネジャーマニュアル』

和田裕美/監訳 ブライアン・トレーシー/著
きこ書房/出版社(2010年03月)

ブライアン・トレーシーのセミナー「The Effective Manager」を書籍化。
「エクセレント・マネジャー」「創造的マーケティング戦略」「勝者への道」など、14章からなる、マネジメントの集大成!

『お金とユダヤ人』

『お金とユダヤ人』

石角完爾/著
ソフトバンク・クリエイティブ/出版社(2010年03月)

 ユダヤ人は、なぜお金儲けがうまいのか?
 日本国籍を持つユダヤ人であり、国際弁護士として世界中のユダヤ人と幅広いネットワークを持つ著者が、「リスク管理」「節約」「稼ぎ方」など、ユダヤ人社会で、数千年もの間代々受け継がれ、守られてきた「お金の法則」を多くの実例とともに、紹介する。

編集者インタビューを読む

『社長の勉強法』

『社長の勉強法』

池本克之/著
アスコム/出版社(2010年03月)

 経営者には学ぶべきことが際限なくある一方、 忙しくて勉強する時間がありません。しかも、短期間に未知の知識を大量に学ばなければならないケースもあります。だからこそ、「勉強の技術」が必要なのです。
 有名経営者やビジネス書の著者仲間、コンサル仲間などから学んで作り上げた[社長のための勉強の技術]を徹底解説!忙しくても結果を出ためのノウハウ、ツール、事例を大公開!

著者インタビューを読む

『スペイン代表「美しく勝つ」サッカーのすべて』

『スペイン代表「美しく勝つ」サッカーのすべて』

村松 尚登/著
河出書房新社/出版社(2010年03月)

ユーロ2008優勝、2010年南アフリカワールドカップ予選無敗。テクニックと賢さに裏打ちされた「美しいサッカー」で世界に挑むスペイン代表のすべてをバルセロナスクールの日本人コーチが完全ガイド!

『スペイン人はなぜ小さいのにサッカーが強いのか』

『スペイン人はなぜ小さいのにサッカーが強いのか』

村松 尚登/著
ソフトバンククリエイティブ/出版社(2010年03月)

日本サッカーが強くなるためのヒントは、体格面で世界との差を抱えながらも「世界最強」と称されるスペインのサッカーの中にある。本書では、FCバルセロナに所属し、コーチとして指導してきた著者が、「日本サッカーが強くなるための方法」を紹介する。

『なぜ、この国は儲からなくなったのか?』

『なぜ、この国は儲からなくなったのか?』

長野 慶太/著
ユナイテッド・ブックス/出版社(2010年03月)

書は、一言でいえば「国富と(読者の)仕事」について書かれた本です。
国富とは、単純化すると国民の稼ぎの総和であり、豊かさの源泉となるものです。かつては世界でもっとも豊かと言われた日本も、今では世界19位(内閣府「OECD諸国の一人あたり国内総生産」)にまで落ちました。なぜでしょうか?
これまで、少々過激な口調で日本人ビジネスマンの仕事について書いてきた著者が、国富と個人のスキルアップとの関連について語ります。どうすれば私たちの手でグローバルスタンダードを作ることができるのか、真に豊かで強い日本になるために何をすべきなのかを提示します。格差社会、中流階級から脱するためのヒントがここにあります。

『たった5回!「骨盤クランチ」で下半身からヤセる!』

『たった5回!「骨盤クランチ」で下半身からヤセる!』

永井 正之/著
青春出版社/出版社(2010年02月)

普通の腹筋運動では絶対にヤセません。なぜなら、普段使っている筋肉がただ発達するだけだから。これでは骨盤の歪みもそのままに、体が間違った姿勢で固まってしまいます。そこで「骨盤クランチ」。これによって、普段使わない痩せるために必要な筋肉を左右均等に鍛え骨盤を整えることで、効果的に痩せていきます。

『一冊ですべてがわかる課長のキホン』

『一冊ですべてがわかる課長のキホン』

濱田 秀彦/著
河出書房新社/出版社(2010年02月)

マネージメントコンサルタントのプロが教える決定版・マネジメント入門書。
課長の仕事とは何か、その役割、チームの動かし方、仕事や人の管理、など具体的な質問に答えながら、すぐに役立つ知識を伝授する。

『伝える本。―受け手を動かす言葉の技術。』

『伝える本。―受け手を動かす言葉の技術。』

山本 高史/著
ダイヤモンド社/出版社(2010年02月)

 言葉は伝える技術である。
 すべてを決めるのは受け手なのである。言葉の専門家・山本高史が筆を尽くして伝える、受け手を上手に動かす技術。

著者インタビューを読む
編集者インタビューを読む

『SPIDER WOMAN』

『SPIDER WOMAN』

SW編集部/著
SDP/出版社(2010年01月)

不景気なんてカンケーない!!
ネットワークで時代を先行く20人の賢女たち“スパイダーウーマン”とは、個人の力でネットワークを駆使し、自分の好きなことで結果をうむ女性たちのこと。
女性必読の美しきスパイダーウーマン20名による超リアルインタビュー集。

『すごい会社のすごい考え方』

『すごい会社のすごい考え方』

夏川 賀央/著
ユナイテッド・ブックス/出版社(2010年01月)

任天堂、アップル、レゴ、グーグル、スターバックス、IKEA、サムスン、ディズニー…あの「すごい会社」を成功に導いた珠玉の知恵が、あなたの人生を変える!
会社の成功は「個人の仕事術」の集大成。本書では、「すごい会社の、すごい考え方」を取り入れ自分の「すごい考え」を作ることを目的とする1冊!

『カルテット!』

『カルテット!』

鬼塚 忠/著
河出書房新社/出版社(2010年01月)

「そこにぼくの音楽があるんです!」家族、初恋、音楽……。心温まる、涙と感動の青春&家族小説!
「カルテット!」公式ブログ

『彼氏いない歴20年のオタ女ですがあらゆる婚活してみました』

『彼氏いない歴20年のオタ女ですがあらゆる婚活してみました』

中村 純子/著
草思社/出版社(2010年01月)

「会話力ゼロ、積極性ゼロ、恋愛経験ほぼゼロ」のオタ女が、手当たりしだいに婚活イベントを試してみたら、いったいどうなる?
猛獣と化した女たちがうごめく婚活イベントの中、経験値ゼロの恋愛素人は生きて「狩り」をまっとうできるのか!?
倒れても倒れても立ち上がる「奇跡」の爆笑コミックエッセイ!

『楽天大学学長が教える「ビジネス頭」の磨き方』

『楽天大学学長が教える「ビジネス頭」の磨き方』

仲山 進也/著
サンマーク出版/出版社(2010年01月)

楽天大学の学長が、「成長できる人(=夢中な自走人)」と「成長できない人(=霧中な依存人)」の違いや、ビジネスパーソンが成長するための「10の視点」と「4つのステージ」を初公開。
楽天市場の店舗さんの例や楽天の例を惜しみなく豊富に用いながら、解説していきます。読み終わったときには、笑顔で夢中で仕事がしたくなるはず。ビジネスパーソンのための待望の一冊です!



ページのトップへ戻る

このサイトは株式会社アップルシード・エージェンシーが全ての著作権を保有しています。