アップルシードエージェンシー

  • ホーム
  • プロの作家の方へ
  • 作家デビューしたい方へ
  • 編集者の方へ
  • アップルシードエージェンシーとは
  • 所属作家のご紹介とは
  • 所属作家からのコメント
  • これまでに手掛けた作品
  • お問い合せ
  • メルマガ登録
  • カフェリブロ 作家養成ゼミ
  • アップルシードエージェンシーブログ
  • 働く社員のブログ
  • 世界放浪ブログ「88年のバックパッカー」

これまでに手掛けた作品

  • 作品紹介
  • ベストセラー作品
  • 映像化作品

作品検索

■年代 年   ■ジャンル

■キーワード 

検索結果

『桜子の美健楽ダイエット』

『桜子の美健楽ダイエット』

七海桜子/著
PHP研究所/出版社(2006年12月)

ダイエットに2000万円使っちゃった!だから、やせれらなかった心の理由がわかる。大人気のブログライターである著者が、体質が変わる10の極意を楽しみながら習慣にする方法を伝授します。

『半径1メートルの「売れる!」発想術』

『半径1メートルの「売れる!」発想術』

吉川美樹/著
サンマーク出版/出版社(2006年12月)

ひたすら半径1メートルを観察すると、新しい需要が見えてくる! 『通販生活』で数々のヒットを飛ばす「平凡な主婦」社員が、門外不出の「売れる商品」企画術を初公開。
著者インタビューを読む

『本当に成功したいなら20代は働かない』

『本当に成功したいなら20代は働かない』

夏川賀央/著
実務教育出版/出版社(2006年12月)

会社に勤めていても、いなくても人生で本当に成功したいなら20代は、「ただ働くこと」以外にもっと、やることがあるのです! 読み進めるにつれて“自分の可能性をもっと広げるためにどうするか?”がわかってきます!

『ニッポン犯罪狂時代』

『ニッポン犯罪狂時代』

北芝健/著
扶桑社/出版社(2006年12月)

これが卑劣で姑息な奴らの正体だ!TVでも人気の犯罪学者・北芝健が、少年犯罪、性犯罪、外国人犯罪、サイバー犯罪などの日本の治安を危機に陥れているあらゆる犯罪をぶった切り、公安警察の謎を暴く。

『リリー、モーツァルトを弾いてください』

『リリー、モーツァルトを弾いてください』

多胡吉郎/著
河出書房新社/出版社(2006年12月)

大戦下、南洋ジャワで日本軍に抑留された天才ピアニストと、彼女の音楽に心を動かされた日本人たち。敵同士のはずの彼らの出会いが、戦場に新たな音楽を生んだ―。音楽が紡いだ真実の物語。

『ふれていたい』

『ふれていたい』

小手鞠るい/著
求龍堂/出版社(2006年12月)

初めての彼・宗治との恋愛に戸惑いながらも日々を過ごす可南子。宗治との距離を縮めたいと思う一方で、過去にフィギュアスケートでペアを組んでいたナガルへの想いも心を巡る―。甘く痛く切ない恋を見事に描く、『エンキョリレンアイ』の小手鞠るいの至高の純愛小説。

『社長、女のセンスを生かせなくて会社が伸びますか』

『社長、女のセンスを生かせなくて会社が伸びますか』

日野佳恵子/著
三笠書房/出版社(2006年12月)

「女性のセンス」を生かす会社は伸びる!「女性活用のプロ」がサービス、流通、アパレルなど、どんな業種・企業にも当てはまる「成長の黄金法則」を説く。経営者から働く女
性まで、すべての願いに応える一冊。

『社長の器』

『社長の器』

吉岡憲章/著
PHP研究所/出版社(2006年11月)

そんな社長は、今すぐクビにしろ!――再生請負人として、無数の赤字企業を立て直した著者が、ダメ社長の共通パターンと修正法を伝授。

『ロナウジーニョ』

『ロナウジーニョ』

ルーカ・カイオリ:原作/吉原基貴:作画/著
ゴマブックス/出版社(2006年11月)

最高のサッカー選手ロナウジーニョの半生を描いたベストセラーが、サッカーマンガで知られる漫画家の手によって、コミック化。

『電話営業力』

『電話営業力』

北原千園美/著
アスペクト/出版社(2006年11月)

電話営業コンサルタントの第一人者による、「1本の電話営業で売上を3倍にする方法」をレクチャーする、営業マン必携のビジネス実用書。あらゆる業種のビジネスマンが活用できる電話営業のトーク・テクニックや、モチベーションを高めるための心構えなどを紹介しています。
著者インタビューを読む

『英国のバランス、日本の傾斜』

『英国のバランス、日本の傾斜』

渡辺幸一/著
河出書房新社/出版社(2006年11月)

バランス感覚をもって欧米の架け橋を目指すイギリスと、世論が偏りがちでアジアの孤児になりかねない日本。同じ島国なのに、どうしてこうも違うのか? 在英16年の著者が、日本にいては気付かないその違いを浮き彫りにする。

『東大生の親に聞いた「頭のいい子」「集中力のある子」の育て方』

『東大生の親に聞いた「頭のいい子」「集中力のある子」の育て方』

高橋開/著
エクスナレッジ/出版社(2006年11月)

現役東大生による、東大生を育てた母親と父親たちへのインタビュー。 幼少時の遊びや会話、習慣の付け方、 学校の先生たちとの付き合い方から、塾選び、子どもの励まし方、子どもの将来の夢の描き方など、親から子どもへの最大のプレゼントである<教育>の秘訣がわかります。
著者インタビューを読む

『南の島のたったひとりの会計士』

『南の島のたったひとりの会計士』

屋宮久光/著
扶桑社/出版社(2006年11月)

奄美大島でたったひとりの公認会計士として頑張る著者。飛び切り人のいい奄美の人たちのドタバタ劇から、地方の小さな町や村がどうしたら生気を取り戻すかというヒントを探るノンフィクション。
著者インタビューを読む

『元銀行支店長が教える銀行の急所』

『元銀行支店長が教える銀行の急所』

佐藤一郎/著
東洋経済新報社/出版社(2006年11月)

新規融資開拓先に選ばれるための具体的な方法や、新規の金融機関との折衝のノウハウ、貸出審査の際に銀行が見るポイント、金利引き上げ要請への対応の仕方など、現役銀行員は口にできない銀行の急所を明かす。

『アイデア会議』

『アイデア会議』

加藤昌治/著
大和書房/出版社(2006年10月)

「いきなり企画会議」からは“いい企画”は生まれない。いい企画を生むための「アイデア会議」の仕組みや運用方ヒ ⊆臾鬚任△襯廛薀鵐福爾肇妊・譽・拭爾了纏・砲弔い堂鮴癲・屮繊璽爐妊▲ぅ妊△鮃佑┐詢蓮廚鰺椶Δ燭瓩琉貂・」

『「頭のいい人」より「感じのいい人」』

『「頭のいい人」より「感じのいい人」』

門川義彦/著
ダイヤモンド社/出版社(2006年10月)

頭がよくても感じの悪い人は、周りの人から嫌われ足を引っ張られる。でも、笑顔で人に接する感じのいい人は、手を引っ張って引き上げてもらえる。知識を詰め込む勉強よりも、「感じのいい人」になるための笑顔の技術と心をハッピーにするための方法を教えます。

『外資系コンサルの真実』

『外資系コンサルの真実』

北村慶/著
東洋経済新報社/出版社(2006年10月)

郵政民営化、メガバンクの企業戦略、東大の改革、そしてiモードの開発にも外資系コンサルが関与していた。現場に身を置く金融ビジネス書作家の著者が、彼らの智恵と思考パターンのヒミツを明らかにします。

『「お客さん、こーゆーとこ初めて?」』

『「お客さん、こーゆーとこ初めて?」』

赤澤竜也/著
講談社/出版社(2006年10月)

父は都市銀行役員、弟は国際線パイロット、慶応大卒のエリートが、ひょんなことからピンサロの店長に!?1000人を超す風俗嬢たちと過ごした涙と笑いの7年間を綴った、エンタメ・ノンフィクション。
出版実録記を読む1出版実録記を読む2出版実録記を読む3

『自分の小さな「箱」から脱出する方法』

『自分の小さな「箱」から脱出する方法』

アービンジャー・インスティチュート:著/金森重樹:監修/富永星:訳/著
大和書房/出版社(2006年10月)

身の周りの人間関係は実はすべて自分が原因で引き起こしていることに気づかせてくれる。本書を読めば、家庭や職場での人間関係を深め、十分な成果を出せる環境を作る方法を学べます。金森重樹の監修によって全米ビジネス書ベストセラーを紹介。

『一杯のカフェの力を信じますか?』

『一杯のカフェの力を信じますか?』

佐藤裕久/著
河出書房新社/出版社(2006年10月)

伝説のカフェ「カフェ ガープ」はどのようにして誕生したのか? また店を作り上げ南船場の仕掛人と呼ばれた佐藤裕久とはどんな男なのか? 著者みずからが人生と起業について赤裸々に綴った感動の経営入門書。
著者インタビューを読む

『知っているようで知らない お金儲けのルール』

『知っているようで知らない お金儲けのルール』

浜口直太/著
廣済堂出版/出版社(2006年10月)

国際起業コンサルタントである著者が、ライブドア・村上ファンドの破綻を受け、世に問う正しいお金儲けのルール。お金儲け=「ありがとう」集め、「ギブ&ギブ&ギブ」がお金を呼ぶなど、斬新な視点が満載です。

『車いす犬びすこの一生』

『車いす犬びすこの一生』

渡辺やよい/著
成美堂出版/出版社(2006年09月)

愛しているからいつまでも一緒に。一人暮らしの私のもとに、子犬がやってきた!楽しい毎日は、やがて介護の修羅場に…。老衰した犬を車いすに乗せて介護する感動のエッセイの文庫化。動物と暮らすことの本当の意味を考えさせてくれます。

『和田裕美の「売れる!」営業手帳2007アイボリー』

『和田裕美の「売れる!」営業手帳2007アイボリー』

和田裕美/著
ダイヤモンド社/出版社(2006年09月)

『和田裕美の「売れる!」営業手帳2007キャメル』

『和田裕美の「売れる!」営業手帳2007キャメル』

和田裕美/著
ダイヤモンド社/出版社(2006年09月)

『和田裕美の「売れる!」営業手帳2007 ネイビー』

『和田裕美の「売れる!」営業手帳2007 ネイビー』

和田裕美/著
ダイヤモンド社/出版社(2006年09月)

『ラクラク覚える!七田式奇跡の右脳記憶』

『ラクラク覚える!七田式奇跡の右脳記憶』

七田眞/著
阪急コミュニケーションズ/出版社(2006年09月)

情報の映像化と高速大量入力で、仕事力・勉強力・人生力が劇的にアップする右脳記憶。現代的に進化した左脳の働きに右脳のセンスをバランスよく使い、脳を統合して活動させるそのテクニックと15の記憶のヒントを紹介する。

『日銀インサイダー』

『日銀インサイダー』

本吉正雄/著
廣済堂出版/出版社(2006年09月)

独立性を高め、金融政策を一手に握った日本銀行は、景気回復の中、インフレーションをコントロールできるのか。裏を知り尽くした元日銀マンが、日本銀行の正体と金融政策の裏側を読み解く衝撃の書!
著者インタビューを読む

『デブになってしまった男の話』

『デブになってしまった男の話』

鈴木剛介/著
求龍堂/出版社(2006年09月)

モテモテのイケメンから、ある理由でデブになってしまった主人公が初めて味わうコンプレックスの重みに悩むなか、ある女の子と運命の出会いをする・・・。『THE ANSWER』の著者が1年ぶりに送り出す、新境地のラブストーリー。
著者インタビューを読む編集者インタビューを読む

『人生で大切なことは海の上で学んだ』

『人生で大切なことは海の上で学んだ』

白石康次郎/著
大和書房/出版社(2006年09月)

史上最年少ヨット単独無寄港世界一周を果たした冒険家が、壮大な海の果てに学んできたこととは何か。海が教えてくれる人生の航海術を、自ら夢と情熱を持って語った一冊。

『成功者に学ぶ心をつかむ言葉術』

『成功者に学ぶ心をつかむ言葉術』

夏川賀央/著
成美堂出版/出版社(2006年09月)

人を惹きつける「魅力ある言葉」、願いを実現させる「威力のある言葉」、人間関係をつくる「やさしい言葉」など、成功者たちのコミュニケーション術を《できる人》研究家の著者がお教えします。

『きっと、心はラクになる』

『きっと、心はラクになる』

最上悠/著
かんき出版/出版社(2006年08月)

心によいクセがつくと、不安やあせりから解放される。精神科医の著者が、現代精神医学にもとづいた「上手な悩み方のコツ」を伝授。仕事も、恋愛も、人間関係も、悩み方しだいでうまくいく!
著者インタビューを読む編集者インタビューを読む

『仕事が劇的にうまくいく情報収集力』

『仕事が劇的にうまくいく情報収集力』

久我勝利/著
成美堂出版/出版社(2006年08月)

テレビ番組のリサーチャーの仕事を経験した著者が、人の知らない新しい情報を素早く探し出すための、とびきりのインターネット利用法を教えます。これを読めば、これまでの自分と一歩差がつきます。
著者インタビューを読む

『七田式7日で挑戦!「簡単すぎる右脳速読」』

『七田式7日で挑戦!「簡単すぎる右脳速読」』

七田眞/著/著
ゴマブックス/出版社(2006年08月)

著者が長年の右脳研究で知り得た事実を中心に、右脳の特徴(本質)について解説しながら、読書の効率化に役立つ七田式右脳速読法を伝授。まずは7日間で挑戦できる入門トレーニングで、速読を練習しましょう!

『読んでから死ね!名著名作』

『読んでから死ね!名著名作』

久我勝利/著
阪急コミュニケーションズ/出版社(2006年08月)

まさか『カラマーゾフの兄弟』も読まずに死ぬつもりではないでしょうね?−古今東西の名著名作を読破する方法と、死ぬまでに絶対読んでおきたい人生の必読書ガイド。
著者インタビューを読む

『投資ファンドとは何か 知っておきたい仕組みと手法』

『投資ファンドとは何か 知っておきたい仕組みと手法』

北村慶/著
PHP研究所/出版社(2006年07月)

日本経済を動かす存在となった「投資ファンド」を理解するために、特に不動産投資ファンド、ヘッジファンド、企業投資ファンドの現状や仕組み、そして投資ファンド全体の共通する特質を解説します。

『大人のアタマで考えない。』

『大人のアタマで考えない。』

夏川賀央/著
ビジネス教育出版社/出版社(2006年07月)

なぜ、大人がみんな常識を超えられないのか。“子ども発想”の人だけがビジネスにおいて成果を出せるという考えのもと、素直さや冒険心など7つのコドモゴコロを解説します。

『成功の「新」ルール』

『成功の「新」ルール』

浜口直太/著/著
大和書房/出版社(2006年07月)

「ベンチャーラッシュ」時代を生き抜き、強い会社を作るためのビジネスの法則。5年後に笑う企業と泣く企業、その分岐点を教えます。

『通販を極めた勝者が教える 40倍稼ぐしくみ』

『通販を極めた勝者が教える 40倍稼ぐしくみ』

池本克之/著/著
PHP研究所/出版社(2006年07月)

通販ビジネスで120億円を稼ぎ出した著者が、売れる商品の極意、失敗しない受注体制など「買ってもらう」ための極意を伝授。すぐ使える具体策とノウハウが凝縮されています。

『空に西郷星』

『空に西郷星』

草薙渉/著/著
柏艪舎/出版社(2006年07月)

西南戦争の翌年、琵琶湖上空に巨大な黄金の龍が飛翔した。それは、蝦夷地のさらに北に位置する幻の小藩・“北影藩”の科学力が生み出した“龍船”だった。大西郷と大久保卿に己の夢を託した二人の武士が巻き込まれる、波乱万丈・奇想天外の冒険譚。

『吾郎とゴロー』

『吾郎とゴロー』

川渕圭一/著/著
求龍堂/出版社(2006年07月)

新米エリート研修医の吾郎はある真夏の夜、勤務するオンボロ病院の中庭で「ゴロー」と出会う。生意気なゴローの態度に吾郎は反発をおぼえるが、ゴローにはとんでもない秘密があった…。現役医師である著者の書き下ろし小説。
著者インタビューを読む 1著者インタビューを読む 2著者インタビューを読む 3

『名医はご近所にいる』

『名医はご近所にいる』

永田宏/著/著
ぶんか社/出版社(2006年07月)

重大な医療ミスや事故が多い、大学病院はもういやだ!そんなあなたに、診察は丁寧、待ち時間なし、料金割安、通院もラク。身近にある、そんな病院の見つけ方を教えます。
著者インタビューを読む

『七田式21秒でできる!「簡単すぎる右脳習慣」』

『七田式21秒でできる!「簡単すぎる右脳習慣」』

七田眞/著/著
ゴマブックス/出版社(2006年06月)

長きにわたる著者の右脳開発、七田式教育理論の実績と発見の中から、大人ががんばらずに変わるための頭の使い方を、図版やイラストを駆使して、わかりやすくまとめる。忙しくて心に余裕の無い人に効くアドバイス書。2005年出版の同名書籍のムック版。

『ロナウジーニョ The Smiling Champion』

『ロナウジーニョ The Smiling Champion』

ルーカ・カイオーリ/著 堤康徳/監訳/著
ゴマブックス/出版社(2006年06月)

サッカーをより美しく、芸術的にし、みんなに幸福感を与える希有なプレーヤー・ロナウジーニョ。その誕生から、2006年欧州チャンピオンズリーグ決勝までの軌跡を追ったドキュメント。

『仕事が速い人のすごい習慣&仕事術』

『仕事が速い人のすごい習慣&仕事術』

浜口直太/著/著
PHP研究所/出版社(2006年06月)

慢性グズから脱出し、出したい結果を出す! 仕事センスの磨き方、時間活用術、ヒットの種をまく方法など、人より10倍早く目標に到達する最強の知恵を、毎月1冊本を出すという目標を実行し続けている国際経営・起業コンサルタントが伝授します。

『リアルケースに学ぶ 完全アメリカ起業マニュアル』

『リアルケースに学ぶ 完全アメリカ起業マニュアル』

浜口直太/著/著
廣済堂/出版社(2006年06月)

目指せ!第二のビル・ゲイツ!!−国際経営・起業コンサルタントとして活躍する著者が、アメリカでの豊富なコンサル・起業体験を通じて得た、アメリカでも日本でも役に立つビジネス・ノウハウを満載した一冊。

『ロベルト・バッジョ自伝 天の扉 (文庫) 』

『ロベルト・バッジョ自伝 天の扉 (文庫) 』

ロベルト・バッジョ/著 片野 道郎/訳/著
ゴマブックス/出版社(2006年05月)

W杯の決勝戦に、どれくらい大切かなんて議論は通用しない。それ以上に大切なものなんて、この世には存在しない−。最高のファンタジスタ、ロベルト・バッジョが語った真実の自伝を文庫化。

『ロベルト・バッジョ自伝II 夢の続き(文庫)』

『ロベルト・バッジョ自伝II 夢の続き(文庫)』

ロベルト・バッジョ/著 片野 道郎/訳/著
ゴマブックス/出版社(2006年05月)

私は、後悔していない。日本への切符を手にするためにできることはすべてやったのだから−。2002年日韓ワールドカップへの、人生最大の激動の1年をロベルト・バッジョ自らが語った自伝を文庫化。

『シェフチェンコ ACミランと共に』

『シェフチェンコ ACミランと共に』

エンツォ・カターニア/著 廣江章/訳/著
日本文化出版/出版社(2006年05月)

ワールドカップ直前にチェルシーFCへの電撃移籍を表明した元ACミラン所属のエースストライカー・シェフチェンコに与えられた称号は「ゴール・マシーン」。彼が、ウクライナで過ごしたの少年時代から2004年度欧州最優秀選手を獲得するまでの軌跡。

『和田裕美の運命の仕事に出会う本』

『和田裕美の運命の仕事に出会う本』

和田裕美/著/著
大和書房/出版社(2006年05月)

人生のわくわくステージに立とう―好きな仕事で成功するなんて無理、好きな仕事がわからないというあなたへ送る、自分を元気にしてくれる「生きがい」の見つけ方を紹介。「職探し」は「生き方探し」です。

『25歳 101人の転職』

『25歳 101人の転職』

リクルートエージェント/著/著
大和書房/出版社(2006年05月)

第二新卒者と呼ばれる若年層を対象に転職活動やキャリアづくりを支援するキャリアアドバイザーたちが 転職の不安や疑問まとめて解決。ウジウジ人生をウキウキ人生に変える!最強の転職応援本!
著者インタビューを読む

『紅い桜』

『紅い桜』

斎藤淑/語り 鈴木俊之・鬼塚忠/聞き書き/著
講談社/出版社(2006年05月)

文化大革命の激動の時代。中国人と結婚して中国に渡った日本人女性。 しかしそこで、夫が監禁され、子どもと引き離され、強制労働を課された。 愛を信じ、過酷な運命に立ち向かった彼女の記録は、『ワイルド・スワン』 を越える大きな感動を呼びます。
著者インタビューを読む

『目標は夢を叶える近道』

『目標は夢を叶える近道』

馬英華/著/著
ビジネス教育出版社/出版社(2006年05月)

女性、中国人、弁護士、起業家である著者が日本の常識の壁をどう突破していったのか。現在、日本で年商5億円の会社を経営しながら、弁護士の仕事もこなす著者が、自分の体験を通して、ビジネスチャンスのつかみ方、ビジネスでの成功の仕方などを伝授。
著者インタビューを読む編集者インタビューを読む

『ババロン伝説』

『ババロン伝説』

美帆シボ/著/著
柏艪舎/出版社(2006年04月)

「人なき人影の街」を探すという使命を受け、世界中を旅するババロンが、辿り着いた目的の街とは、原爆で滅んだ街だった―反戦・反核を題材に数々の著書を世に出している著者が挑む、人間の未来を問いかけるファンタジー。

『妻への遺言―29人の男たちが捧げる妻へのメッセージ』

『妻への遺言―29人の男たちが捧げる妻へのメッセージ』

根本直樹/編/著
成美堂出版/出版社(2006年04月)

夫と妻と、真摯に向き合うことの大切さに多くの人が気付き始めている現代社会は、今日程「伴侶」の存在を考えるに相応しい時代はないのではないか。夫が語る妻への遺言。『週刊宝石』連載シリーズの中からセレクト。

『貧乏人のデイトレ金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵』

『貧乏人のデイトレ金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵』

北村慶/編/著
PHP研究所/出版社(2006年04月)

ユダヤ人が発見し、ノーベル賞学者が理論的裏付けをし、スイス人富豪が実行している資産運用法を紹介。時間を味方につけ、「投機」ではない本物の投資方法を知れば、株価の上下に一喜一憂する必要はな くなります。21世紀を生きる私たち必読の一冊。

『グッジョブかぁちゃん―レディコミ女王の育児奮闘日記』

『グッジョブかぁちゃん―レディコミ女王の育児奮闘日記』

渡辺やよい/著/著
徳間書店/出版社(2006年04月)

仕事も家庭もすっぽんぽん!? 生まれたままの姿で開放的!? な新ライフスタイル。「レディコミ女王」の異名をとる著者の、セキララ実録育児コミック&エッセイ。
著者インタビューを読む

『夫を愛して何が悪い!』

『夫を愛して何が悪い!』

渡辺やよい/著/著
阪急コミュニケーションズ/出版社(2006年03月)

「愛は4年で終わる」説に異議あり! いまどきの共稼ぎ子育てライフなら、結婚は辛いものではありません。漫画家で文筆家で社長、愛夫家で二児の母の著者が、エッセイとマンガで語る、家庭生活のニュースタンダード。

『東大生が教える!超暗記術』

『東大生が教える!超暗記術』

徳田和嘉子/著/著
ダイヤモンド社/出版社(2006年03月)

たった1年で東京大学法学部に合格した徳ちゃんの暗記術を大公開! 同じ時間でも「効率よく勉強する」時間を積み上げていけば、成績は伸びます。みなさん、長い時間、勉強してはいけません!
著者インタビューを読む

『エンキョリレンアイ』

『エンキョリレンアイ』

小手鞠るい/著/著
世界文化社/出版社(2006年03月)

13年前の春、ふたりは京都駅近くの書店で出会い、優しく切ない恋が始まった。東京とニューヨーク、遠く遠く離れていても、お互いを想わない日はなかった-。海をこえてつながる純愛物語。運命のヒトって必ずいる!著者インタビューを読む編集者インタビューを読む

『成功者に学ぶ時間術』

『成功者に学ぶ時間術』

夏川賀央/著/著
成美堂出版/出版社(2006年03月)

一日は二四時間、誰にとってももちろん同じ。でも、「時間を増やせる」と考えたらどうなるだろう?そんなインスピレーションから、「時間管理に成功した人」ではなく、「実際になんらかの仕事で成功した人」の時間の使い方を見ていきました。
著者インタビューを読む

『「いい女の理由」「イヤな女の理由」―あなたは周の目にどう映ってる?』

『「いい女の理由」「イヤな女の理由」―あなたは周の目にどう映ってる?』

齋藤翔/著/著
三笠書房/出版社(2006年03月)

この本に書かれた54の方法が、すべて、あなたの「魅力」に変わります!彼に自分の気持ちを伝えたい、相手のことをもっとよく知りたい、本当の恋が欲しい、人生を成功させたい…そんなあなたの望みがかなう一冊。人気カウンセラーが語る、最強の恋愛成功法則。

『ザ・アントレプレナー』

『ザ・アントレプレナー』

吉田雅紀/著 DREAM GATE/監修/著
ダイヤモンド社/出版社(2006年03月)

自らの起業失敗の経験を生かしベンチャー支援を行う著者が、過去の自分をモチーフに、謎のCEOからメールでアドバイスが送られてくる、というスタイルで起業のプロセスを物語に。主人公の失敗と成功を追体験し、最後はホロリと感動させられるビジネス・ストーリー。

『全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術』

『全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術』

ジュセフ・シュガーマン/著 金森重樹/監修/著
PHP研究所/出版社(2006年03月)

他人に「言葉でアピール」できなければ、絶対に成果は出ません。あらゆる宣伝、販促文、通信販売、インターネット広告、プレゼンテーションに応用できる、顧客を爆発的に増やすコピーライティングの極意を紹介。

『貯まる!かんたんどんぶり家計術』

『貯まる!かんたんどんぶり家計術』

安田まゆみ/著/著
徳間書店/出版社(2006年03月)

なんとなく赤字症候群のあなた、心配ご無用! 「どんぶり」で今日から「貯め体質」に早変わり。「幸せになる」お金の使い方、「買わない」という選択、ママ友ランチは工夫次第など、家計簿いらずのハッピーマニュアルを紹介。
著者インタビューを読む

『狂人国家・アメリカ 裸の王様・日本 子供の国・中国』

『狂人国家・アメリカ 裸の王様・日本 子供の国・中国』

田雁/著 樋口謙一郎/訳/著
戎光祥出版/出版社(2006年03月)

中国生まれ、東京大卒、アメリカ在住ジャーナリストが書いた、驚愕の日中米論!

『天職の見つけ方』

『天職の見つけ方』

浜口直太/著/著
講談社/出版社(2006年03月)

天職がなんであるか、またどうやって見つけるのかなど、人生の転機になるヒントを、著者の体験談や具体例をできるだけ取り入れ、さまざまな質問に答えるかたちで紹介する。天職を持つと人生が見る見る好転します!

『年商3億円を120億円に変える仕事術』

『年商3億円を120億円に変える仕事術』

池本克之 /著/著
大和書房/出版社(2006年02月)

ドクターシーラボ、ネットプライス。2つの会社を上場へと導いた男は、いかに商品を売り、人を使い、経営の先を読んだか。伸びる会社の条件、勝てる経営のノウハウを大公開。
著者インタビューを読む

『愛犬を元気で長生きさせる育て方―ワンちゃんのためのアンチエイジング』

『愛犬を元気で長生きさせる育て方―ワンちゃんのためのアンチエイジング』

米井嘉一/著/著
PHP研究所/出版社(2006年02月)

アンチエイジングの第一人者が、飼い犬をいつまでも若く元気で長生きさせるための飼い方を紹介。「愛犬の健康的ライフスタイル」や「一歩先を行く専門的療法」など、最新の研究結果に基づくアンチエイジングのノウハウが満載。

『1週間で身につく七田式奇跡の右脳習慣』

『1週間で身につく七田式奇跡の右脳習慣』

七田眞 /著/著
阪急コミュニケーションズ /出版社(2006年02月)

誰でももっている7つのパワーに注目してマインドチューニングを行います。いつでも、誰でも、すぐにできる右脳習慣を身につけて心をチューニングしなおすと、「ありえない」と思っていた夢が実現する!

『毎日新聞社会部物語』

『毎日新聞社会部物語』

山本祐司/著/著
河出書房新社/出版社(2006年02月)

「喜び」「怒り」「悲しみ」「希望」そしてスクープした時の「誇り」…。数多くの事件報道によって戦後社会を震撼させてきた毎日新聞社会部。その栄光と悲劇の軌跡に猛者事件記者たちの姿を通して迫る、迫真のドキュメント。
著者インタビューを読む

『人口減少社会のメガトレンド―8つの大潮流!これからのビジネス・ヒント』

『人口減少社会のメガトレンド―8つの大潮流!これからのビジネス・ヒント』

五十棲剛史/著/著
三笠書房/出版社(2006年02月)

「人口減」を先取りし、高収益を上げているこの会社のノウハウに学べ! 船井総研トップコンサルタントが、人口減少社会で成功するための発想、具体的なノウハウなどを、「8つのトレンド」ごとに例をあげながら紹介。

『凡人でも上場できる! 起業の黄金ルール』

『凡人でも上場できる! 起業の黄金ルール』

浜口直太/著/著
日本実業出版社/出版社(2006年02月)

スティーブ・ジョブズ、孫正義、マイケル・デル、渡邊美樹たちが実践した“ありえない成功法則90連発!!日・米・アジアで活躍する国際ベンチャーコンサルタントが“見てきたまんまを明かします。
著者インタビューを読む編集者インタビューを読む

『モテる女のひみつノート』

『モテる女のひみつノート』

三浦天紗子/著/著
戎光祥出版/出版社(2006年02月)

モテる人はどこが違う?「最高の出会いを絶対モノにする」ための極意を直伝!全国縁結び神社100撰も収録。

『七田式 21秒でできる!「簡単すぎる右脳習慣」』

『七田式 21秒でできる!「簡単すぎる右脳習慣」』

七田眞/著/著
ゴマブックス/出版社(2006年01月)

長きにわたる著者の右能開発、七田式教育理論の実績と発見から導き出した、大人ががんばらずに変わるためのアドバイス集。必要なのは、お金でも努力でもなく、たったの「21秒」。これであなたの脳が、驚異的に変化する!

『犬のことばがきこえる』

『犬のことばがきこえる』

ジャン フェネル /著/著
ぶんか社/出版社(2006年01月)

愛犬家の多くが悩み、失敗してしまう犬のしつけ。その問題の根源は、犬がまだオオカミだった時代から連綿と続く本能への、無知と誤解にあった。自分を“リーダーだと思いこみ、飼い主を過剰に守ろうとする犬。あるいは、そのプレッシャーに負けてしまう犬…。さまざまな症状を、犬の立場から解決に結びつける、画期的飼育法。

『すごい解決 ― すぐに使える問題解決カード(32枚)付 ―』

『すごい解決 ― すぐに使える問題解決カード(32枚)付 ―』

大橋禅太郎 /著/著
阪急コミュニケーションズ/出版社(2006年01月)

ベストセラー『すごい会議』の著者大橋禅太郎がビジネスでも私生活でも使っている問題解決カードを徹底公開!この小さな1冊が、いま、あなたが抱えている問題をすべて解決します。



ページのトップへ戻る

このサイトは株式会社アップルシード・エージェンシーが全ての著作権を保有しています。