アップルシードエージェンシー

  • ホーム
  • プロの作家の方へ
  • 作家デビューしたい方へ
  • 編集者の方へ
  • アップルシードエージェンシーとは
  • 所属作家のご紹介とは
  • 所属作家からのコメント
  • これまでに手掛けた作品
  • お問い合せ
  • メルマガ登録
  • カフェリブロ 作家養成ゼミ
  • アップルシードエージェンシーブログ
  • 働く社員のブログ
  • 世界放浪ブログ「88年のバックパッカー」

アップルシード・エージェンシーとは

  • ごあいさつ
  • 会社概要
  • 代表鬼塚忠について
  • スタッフ紹介
  • メディア紹介履歴
  • 社員募集

 鬼塚 忠  著書 『ザ・エージェント』

『ザ・エージェント』

ベストセラー作家を探しつづける男
『ザ・エージェント』

鬼塚 忠 著(ランダムハウス講談社刊)

3年間でベストセラー12冊!
日本初の「作家のエージェント」が自らの軌跡とノウハウを明かす

本のご購入はこちら

はじめに
私の名前は鬼塚忠。
「作家のエージェント」だ。
日本ではあまり聞きなれない、馴染みのない仕事かもしれない。
でも、海外、特に欧米ではよく知られ、出版界になくてはならない存在だ。
作家のエージェントとは、将来性があると見込んだ新人作家と「エージェント契約」を結び、彼らの才能を世に送り出し、ブレイクさせる仕事だ。
言ってみれば、芸能プロダクションと同じである。芸能プロダクションは新人タレントを発掘し、育ててデビューさせ、マネジメントする。作家のエージェントは、扱うのがタレントから作家に代わっただけかもしれない。
そして、芸能プロダクションと同じく、可能性溢れる作家を見出し、その才能をどうやって大きく開花させるかが作家のエージェントの腕の見せ所であり、この仕事の最もエキサイティングな部分である。やりがいのある、面白い仕事だと思う。………
目次
第1章 作家のエージェントは何をするのか
第2章 物語系作品で感動を呼ぶ
第3章 ハウツー系作品で時代を追う
第4章 どうして作家のエージェントになったかを話そう
第5章 どうしたら作家になれるか


ページのトップへ戻る

このサイトは株式会社アップルシード・エージェンシーが全ての著作権を保有しています。